2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年12月01日


レベルは「災害級」: 北京市が近年最悪の大気汚染状況に突入



史上最悪のスモッグの中で記念撮影するマスク恋人(11/30 北京)
beijing-pm2-5-lovers.jpg
Beijing issues alert with pollution at extremely hazardous levels


中国の北部から東部にかけての広い地域で、大気汚染がこの冬最悪の水準となっていて、そのレベルは、下の報道のように、「災害レベル」に達していると報じられています。

hazardous-level-pollution.gif

▲ 2015年12月01日の AP より。


大気汚染物質 PM2.5 の濃度は、中国当局が安全と定める基準の「35倍」に達していて、北京の PM2.5 濃度は、1立方メートル当たり 630マイクログラムとなっています。

これがどのくらいの「濃さ」かといいますと、日本の環境省の基準では、

「外出を控えるように注意喚起が発令される水準が 70マイクログラム」

ということですので、日本での外出自粛水準の9倍という、ものすごい濃度になっているようであります。

ここまでものすごいと、ちょっと体験したくもなりますが、いずれにしても、そのような中でも、北京の人たちは外へと出ていて、それぞれに活動しているようです。

下は天安門のようですが、もう、こんな状況で、何を撮影して、いったい何が写るのかわからない「形而上的な撮影風景」という感じもややします。

曖昧な対象を撮影する北京の人たち(天安門広場 12/01)
tenanmon-12-01.jpg
news.qq.com


中国のメディアで、北京の様々な場所の「スモック前とスモック後」の光景を比較している記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

むしろ何だか幻想的にさえ思えてくる光景が続きます。

Sponsored Link








health.sohu.com
pm2-5-title1.png


北京の通常の風景と12月1日の風景の比較


beijing-smog.jpg



beijing-001.jpg



beijing-002.jpg



beijing-003.jpg



beijing-004.jpg



Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。