2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2008年07月19日


屋久島でのウミガメの産卵が史上最高ペース

20080718-00000071-mai-soci-thum-000.jpg

<ウミガメ>上陸全国一の鹿児島・屋久島で史上最高ペース

全国一のウミガメ上陸・産卵地の鹿児島県屋久島で、今年の上陸が観測史上最高ペースになっている。宮崎市内の産卵地では既に過去最高数を超え、福岡県福津市でも過去最高に迫る。関係者は「ウミガメが乗る海流の北上などの影響か」などと首をひねりながら、「保護活動が実ってきた面もある」と喜んでいる。



最近、やたらと多い、このウミガメの産卵が増えているニュースってなんなんでしょうね。

関連記事 小田原の海岸でアカウミガメの産卵が確認される


「保護活動が実り、亀の生息数が増えつつあるのでは」という意見が書かれてありますが、アカウミガメの生態自体がよくわかっていないわけで、どちらかといと、人間の奢りに近い意見のような気もしないでもないです。

ウミガメが増えるのはいいことですが、

> 同市の担当者は「海水浴場での産卵は半世紀近くないのでは」と驚く

という事態が続いているのは何だか不思議であります。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。