2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2008年07月24日


23日のおかしな降水短時間予報

気象庁では、「解析雨量・降水短時間予報」という降雨に関しての予報を出しています。

で、これが
7月23日の関東地方の「解析雨量・降水短時間予報」の図です。

kishou-080724.png

(クリックで拡大します)

降雨予想とその雲が関東を中心にグルッと取り囲んでいます。まあ、単に「変な配置だなあ」と思っただけですが、メモとして貼っておきます。

気圧配置や雲などの気象配置と地震の関係についてはいろいろと論じられてはいるようですが、決定的な意見もデータもないと思います。こればかりは何年もデータをとり続けないと無理でしょうね。「真ん中が空白域だからそこに地震が来る」では少し幼稚な気がします。

ただ、今回話題としている関東域ではあるので、この先、通常ではない気象や天変等があれば関係ないともまた言えないのかもしれません。何もなければ、気象配置のことは今後、無視します。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

この記事へのコメント
地震前に発生した電磁波による誤検出ではないでしょうか
Posted by at 2008年07月24日 20:23
今日の17時の近畿地方にもっとくっきり出てるよ。
http://www.jma.go.jp/jp/radame/index.html?areaCode=211
Posted by とおりすがり at 2008年08月04日 18:37
Posted by 通りすがり at 2008年08月04日 21:30
単なるハレーションです
都市伝説化しないといいけど…
Posted by at 2008年08月06日 15:58

この記事へのトラックバック

ケムトレイル?地震との因果関係が取りざたされる謎のドーナッツ型雨雲
Excerpt: 最近、地震の情報を探すうちにいま騒がれているいろいろな 現象について知ることになりました。今日も不思議系 情報です。 これは私は地震と直接結びつけるのはどうかと思っていますが、 7月23日..
Weblog: 気になる最近の情報について
Tracked: 2008-07-28 13:54


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。