2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2008年08月10日


e-Piscoの大きな反応の結果は?

e-Piscoの神奈川・厚木測定点で先日の東京震源の地震の時よりも大きな反応を見せています。

e-Piscoは先月、機材をリニューアルしているのですが、リニューアル前は神奈川・厚木測定点は1カ月近くに渡り異常値を示し続けていて、あまり使い物にならなくなっていました。

さて、リニューアルされた後、最初にグラフが反応したのが8月6日のこと。

pisco-0806.png

こうなっていました。10000n/cc(単位はよくわからず)に近いところまで上昇していて、「さて、これで何か起こるのかな」と思っていたのですが、次の日の8月7日に、東京多摩震源のM4.5(最大震度4)の地震が起きました。


今日は同じグラフがここまで上昇しています。

pisco-0810.png

大体、15000n/ccくらいでしょうか。

濃度と地震の関係が示されているわけではないので、大きさが比例するわけではないでしょうが、もし起こるとすれば先日のより大きいのでしょうね。

ただし、Piscoは異常値を示しても何の結果も出ないことが多いので、個人的には、今はあくまで新機材のテスト期間のような気がしています。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

この記事へのコメント
判断の材料となる様々な分野の情報を提供して下さるので、毎日チェックさせて頂いています。e-PiscoもですがP2P地震情報は特に役立ちました。料理する時に必ず大音量にセットし、震源が何処であろうと反射的に火を消す習慣がつきました。一言お礼申し上げたかったので・・・
Posted by baba at 2008年08月10日 20:05
いつも拝見しています。いろいろなジャンルの情報、とてもありがたいです。
で、今何気にリンクの精進湖水位を見たら、夕方の激増は、何?
機器の故障か何かでしょうかね?
Posted by はる at 2008年08月10日 21:37

この記事へのトラックバック