2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2008年08月14日


行徳のグラフが前回の東北地震群の時と同じ形です

お盆ですが、行徳の稲毛観測点の北方向のグラフが、先々月あたりの東北での地震頻発の頃と同じような形になっています。


具体的には青線、赤線とも高止まりしている形。

g-2008-0814.png


このグラフは関東から見て東、あるいは北方向に反応することが多いので、茨城など北関東を含めて、東北地方は相当注意してもいいのかもしれないです。

東北方面、本当に地震活動が活発になってしまいましたね。





タグ:行徳

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

この記事へのコメント
yahooニュースで画像付きであったのですが…

植物性プランクトンがアラスカ下辺りで大量発生してましたよね。

衛星写真で見ると 青い海に 緑色のバスクリンを入れたぐらいでした。

衛星写真にあれだけ大きく写るぐらいですから かなりの大発生です。
Posted by at 2008年08月14日 09:55
先ほど、こんな感じの雲が出ていました。

中央に一本走っているのは竜巻雲でしょうか?
http://skymaterial.com/images/special01/009.jpg

撮影後1分ほどで綺麗サッパリ消えました。
Posted by mewlet at 2008年08月14日 13:10

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。