2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年01月10日


[メモ]中国の雲

地震と関係ある話題ではないですが、中国江西省で新年の1月3日に非常に不思議な雲が撮影されたそうなので、メモとして記しておきます。

空に現れた紅白の大極柱=江西省

m94737.jpg


m27688.jpg

上から下の状態に色が変化していったそうです。
なかなか壮観で、実際に見てみたかったなあと思わせる雲です。


中国では昨年11月にもこういう不思議な雲が全土で撮影されていて、どちらもふだんはあまり見ることもないものなので、自然の不思議、あるいは「自然の変化」というようなものを感じさせてくれます。

中国には地震との関連の伝承もありますが、「古代から天象を国の政権変化の前兆と考える」という民間伝承があって、そのせいで、中国の人々は不思議な雲にはとても興味があるようです。

まあ、自然を司っているのはあくまで自然であるあるわけで、では、「その自然の正体とは?」とまで考えると、最近少しクラッときます。


そういえば、関係ないですが、行徳・北がここ1カ月ほど派手な振幅を見せていて、大体収束した時に規模の小さな地震が起きています。

今完全に収束していますので、最近の傾向ではどこかで地震がある可能性があります。
最近精度がなかなかよろしいロシアの地震予知では、釧路沖あたりの太平洋のあたりに緑マークがついていますね。

hokkaido-2009-01-010.png

まあ、千葉の行徳がそこまでの範囲を拾うかどうかわからないですが。

感覚的な話ですが、今年は地震が増えそうです。





タグ:不思議な雲

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。