2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年05月09日


5月8日の行徳香取

5月8日に行徳・香取で激しい反応が一日に3度起きています。

g-0509.jpg

今くらいの時期からですと、落雷やEスポなど、グラフに影響を与えるものがたくさんありますので、それらを検証しておきますね。
反応が出たのは大まかにこのあたりの時間帯です。

5月8日 午前4時〜午後6時
5月8日 午前11時〜昼12時
5月8日 午後時〜午後6時


千葉の香取はこの「A」のところです。

katori-map.png


落雷状況

落雷情報では、

5月8日 午前4時〜午後6時 激しく発生
5月8日 午前11時〜昼12時 なし
5月8日 午後5時〜午後6時 少し発生


午前5時〜午後6時の間に、香取の近辺で多数の落雷が発生しています。こちらは相当激しく落ちていたようなので、その影響が出た可能性はかなりあります。

thunder-05-08.gif

▲ 千葉県地方の5月8日午前6時〜午前7時の落雷状況


午後5時〜午後6時も多少の落雷があったようですが、少し離れたところに一発ですので、こちらは影響については微妙。

ただし、昨年の夏、関東では連日激しい雷雨に見舞われていたのですが、実は行徳のグラフはそれらにほとんど反応いませんでした。このことから、「行徳は落雷に強い」ということを証明したような感じもないではないです。

ただ、今でも「落雷がグラフに影響を与える」という説もありますので、一応、落雷は参照することにはしています。



Eスポ

Eスポとは夏場に発生する電離層のことで、正式にはスポラディックE層といいます。
これは相当、行徳のグラフに関与しますので、夏場のグラフのチェックにはEスポとの照らし合わせは欠かせません。

Eスポの発生状況はWorld Data Center for Ionosphereなどで確認できます。kokubunji(国分寺)ステーションを参照するといいのではないかと思われます。

5月8日 午前4時〜午後6時 ほぼなし
5月8日 午前11時〜昼12時 ほぼなし
5月8日 午後5時〜午後6時 午後6時前後のみ強く発生


Eスポの発生は確認はできますが、グラフとのリンクはあまり感じません。


というわけで、5月8日 午前5時〜午後6時のグラフの異変は激しい落雷によるものである可能性もあるかもしれませんが、他は特に干渉していないようですので、小さな地震があるかもしれません。今までの香取の事前の反応からすると、またこちらのライン



のうちの、関東に近い方じゃないですかね。
小さいと思いますが。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。