2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年05月13日


世界の地震と震度10km地震の分布の比較

深さ10kmジャストの地震に関して、4月22日からすべてチェックして、地図にマッピングしているのですが、まだ30程度のサンプルなのでアレなのですが、パッと見ると、「世界の地震頻発地帯」とは微妙にズレていることが見えてきました。


こちらは、アメリカ地質調査所の地震発生地図で、この7日間の地震分布です。

10-world.jpg

大まかにいえば、いつも大体このあたりが世界の地震の頻発地帯と考えていいかと思います。大体、環太平洋を中心とした円となります。


そして、こちらが、4月22日から5月13日までの深さ10kmジャストの地震の分布。

World-map-2009-05-13-redline.jpg


赤い線を引いたあたりがワタシが「大体の分布中心線」としたところですが、円の場所が世界の地震の分布と多少ズレています。

もともと深さ10kmの地震が気になったのは、正確な深さで淡々と定期的に地震が起き続けるという点にもあるのですが、もっと気になったのはこれが「3月から突然始まった」ということです。こちらこちらに少し書いています。

普通の地震の中で偶然、10kmの深さの地震が起きているだけであれば、世界の地震発生の分布に忠実でもいいと思うのですが、それが少しズレているというあたりに一種の面白さを感じます。


よし。
まだデータをとり続けよう。
不毛でいいや。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。