2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年05月17日


5月16日の行徳とアラスカの群発地震

5月16日は一日有感地震がありませんでした。最近、国内では有感地震が頻発していましたので、一日地震がないと少し気になるもので、結構頻繁に行徳などを見ておりました。

行徳は16日の午前から稲毛・北方面に大きな反応が出ていました。

g-north-2009-05-19.gif


普通でしたらそれなりに地震の前兆としても考えられるのですが、Eスポの発生とリンクしていますので、多分、そちらの影響かと。

e-spo.gif


この時期はEスポが発生することが多く、それと地震の予兆が重なった場合は行徳のグラフの判断はなかなか難しいです(というか、判断できないです)。

あと気になるといえば、「ワタシの中にある不安感」(笑)ですかね。


ちなみに、国内とは関係ないですが、アラスカのコディアック島近辺で起きている群発地震ですが、マグニチュード2以上の地震は、15日が11回、16日が19回となっています。最大マグニチュードは5.9。

うち、深さ10kmジャストの地震は12回。また、それ以下の浅い地震が多いのが特徴で、パッと見には火山性の地震のような感じもしないでもないのですが、そのあたりはどうなんですかね。







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。