2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年07月06日


地球が変わっていく

2008年10月に配信された(日本語訳配信は先月)、 WebBot の ALTA (非対称型言語傾向分析報告書)709 パート4の冒頭のクリフ・ハイのエッセイにひとつの詩が書かれています。


「私は骨をかじっている犬だ。私はお座りをして一匹で骨をかじる。だがいつか、私がかじっているものによって私が噛まれるときがくるだろう」



これは、この時にアメリカが陥ってきた金融混乱とブッシュ政権などに対しての言葉であったわけですが、今読んでみると、この「骨をかじっている犬」は人間全体にも見えてきます。

犬が人間で、かじられている骨が地球と考えると、今はまさにこんな感じなのかなあと思います。

先日の干ばつの記事でふれたのですが、現在の異常気象の複雑さは、干ばつとか温暖化とか冷却化などのひとつの方向性にでは語れないところにあって、観測史上初めての熱波や数十年に一度の豪雨や低温が同じ国の中などで無秩序な感じで起きていて、表現としては「為す術なし」の様相を呈しています。

その後、中国で以下のニュースがありました。

中国:南方10省は豪雨、北方では高温続く(大紀元)

中国で今年最大規模の集中豪雨、11人死亡(AFP)

記事によると「降水量が最も多かったのは湖北省の鶴峰の388ミリ。100年に一度の大雨だという」とのことで(何でもかんでも比喩が100年に1度ですな)、特に重慶などはひどい模様です。


重慶市洪水防止班の報告によると6月27日からの暴雨と雷は重慶市18区県に被害をもたらし、被害人口は累計129・54万人に達した。また死者6人、行方不明1人、2万7千925人が緊急避難している。


中国は広大ですので、「ひとつの国の中で」といっても規模が違いますし、何より中国の省の位置関係がよくわからないので、上の記事から自分で現在の天候を色分けしてみました。大体こんな感じになっているようです。

(ピンク)が豪雨地帯、(濃いピンクが特に雨が激しい地帯)、(オレンジ)は熱波が続いている地帯。

Map-China-Province.jpg

高温地帯もなかなか深刻な状況のようで、


北京、河北、山東、陝西、山西、河南など華北、西北、黄准などは広範囲にわたり高温の天気となった。河北省石家庄市では既に10日以上高温が続いており、1951年以来の記録であるという。



とのこと。

コメント欄でいただいいくつかのニュースも急ピッチで気象の激化が進んでいる気配を感じさせるものがあります。

オアフ島で記録的な熱波など、熱波の地帯はさらに増えているようです。また、スウェーデン南部でも激しい雨が6月30日から7月1日まで降り、被害が出ている模様

sweden-flood.jpg



そして、日本の気になるニュース

重さ2千トン、貯水池浮き上がる!…千葉・東金

断水に道路陥没…調整池の枠傾き周辺に被害

これらは原因がわかっていないようですが、以前報道されていた山形県鶴岡市七五三掛(しめかけ)地区の大規模な地滑り同様、こういう「原因不明」の地殻の問題の規模が大きくなっているように感じます。

いろいろいな理由は考えられるにしても、「重さ2千トンの貯水池が地下から浮き上がる」ことが、そんなに日常的なこととは考えにくく、相当パワフルな何かが起きている可能性もあるのかもしれません。

今朝、MONEYzineに温暖化が進めば氷河期突入の恐れも。今、地球に何が起こっているのかという記事がありました。

MONEYzineは「株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine」というキャッチでわかるように、自然科学のサイトではなく投資のサイトです(最終的には排出権取引の話と絡めていましたが、言いたかったのはそれではなく、地球の異変そのものに関しての模様)。また、今朝の Nevada (金融危機特集)には、経済社会情勢(温暖化を加速させる必要?)という、珍しく自然科学の記事が出ていました。

どんな仕事に携わっている方でも、まずは地球を見つめることがもっとも大事なこと、というような時代になってきているのかもしれません。



ゴミの山となったトロント

あと、あまり関係ないことではありますが、ブルームバーグによると、美しい街であることで知られているカナダのトロントが、市職員によるストライキのために、ゴミ等が回収されずに街中がゴミの山になっているようです。他にも、市が運営しているスイミング・プールやデイケアセンター、ゴルフ場も閉鎖されているそう。

地球の異変と経済破綻と人の心。

で、あのきれいだったトロントの至るところがこんな風景に。

200906290043a1.jpg

財政破綻秒読みのカリフォルニア州も、理由は違いますが、近いうちに同じような光景となるかもしれません。
救われないですなあ。



なお、オカルトベースの話ですが、太陽フレアのことについてクレアなひとときに記事を書きました。あくまで、娯楽としてお読みいただければと思います。


エアコンが止まりませんように (>_<)。
(これが一番の懸念という程度の生活でございます)






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。