2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年07月13日


アメリカ西海岸で

なんか妙に慌ただしいし、暑いし、更新も滞りガチなんですが、「これは・・・」というニュースがありましたので、メモがてらに書いておきます。

アレがついに動きだしたかもしれないですよ、アレが・・・(なんだよ)。
あの米国海岸のサンアンドレアス断層です。


まずはニュースはこれ。
テクノバーンです。


» サンアンドレアス断層でナゾの反復性微動、地震の前触れか?


ワタシのブログや、あるいはクレアの昨年の記事などで昨年以来、ワタシがこのアメリカ西海岸のサンアンドレアス断層に異常な執着を持っていたのはご存じの方もいるかもしれません。

説明すると非常に長くなるのですが、もともとは、昨年の秋にヤスの備忘録を初めて読んだ時に、ちょうどアメリカの双子の地震のことについて触れられている記事があったのです。

それで自分でも少し調べてみると、アメリカ西海岸のこの地帯は「地震に関して非常に大きな爆弾を抱えている」ことを知ったのです。


アメリカとカナダの国境のここらあたりには、サンアンドレス断層のカスケード沈み込み帯という、周期的な地震が発生しやすい地帯があります。




日本の古文書などの研究により、独立行政法人 産業技術総合研究所が前回のこの地帯での地震が西暦1700年ちょうどに起きていたことを突き止めたのですが、問題はその規模。


・地震の規模はM8.7−9.2、断層の長さは1100km
・平均すべり量は14m



という恐ろしい規模の地震だったようなのです。

そして、その西暦1700年に起こった地震以来の地震が起きる可能性については、


・大地震発生の平均間隔が270年
・前回から300年以上経過している
・巨大地震が今後50年以内に発生する確率は75%



となっていて、また、この地域では大地震に対する準備ができていないことなどもあり大地震が発生した場合に収拾のつかない惨状になる可能性がある、と分析されています。また、この場所での地震は広範囲で津波を引き起こし、日本でも巨大津波の可能性があります。


詳しく書くと長くなるので、このブログの過去記事、

» 米国で必ず起きる超巨大地震について

などや、あるいは、クレアのひととき、の過去記事等をご参照下さい。

» アメリカで起こっている群発地震の不気味
» (補足)北米プレートとサンアンドレアス断層

などです。

テクノバーンの記事によると、そのサンアンドレアス断層で、「非火山性のナゾの反復性微動が観測されている」とのことであります。さて・・・。


最近は、先日書いた宇宙線と地震や火山の噴火の関係のことをずっと考えていて、ちょうど、7月4日頃に突然太陽に出た黒点が、今は裏に回って消えています。

「関係」というのは、宇宙線と「地震を起こすトリガーの関係」の問題なのですが、何ヶ月もなかったもの(太陽の黒点活動)が突然現れて、数日で消える。今度は、2週間後あたりにまた黒点(黒点1024)が現れるとされています。さて、その2週間の間は?
あるいはまた黒点が出た時は?


仮に太陽活動が宇宙線の放射の強弱と関係があるのだとすると、今日以降は観察するべき日々だと思います。

日本も地震はありそうですが、大きいかどうかはしりません。
行徳は不気味なグラフになっています。

2009-07-13-WEST.gif

Eスポの出ない時間帯だけ反応しているあたりは末期的な感じさえします。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。