2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2009年11月25日


米ユタ州で非常に明るい火球の爆発

先日、こちらの記事で、11月初頭の東京の火球をご紹介したのですが、11月18日にアメリカのソルトレイク・シティでものすごい火球の爆発(だと思われる)光景が撮影されていました。

本当にスゴイです。

ksl.com というニュースサイトのMeteor lights up early morning sky, alarms Utahnsという記事に記事とビデオがありますが、ちょっと長いニュースですので、火球の爆発の部分だけをピックアップして、YouTube にアップしました。



爆発の明るさが、なんというか、もう本当に明るいのです。
昔、映画の「未知との遭遇」とかで見た照明効果みたいな感じですね。
これは実際を見てみたかったなあ・・・。

今回は特に事故や何やらは起きなかったようですが、昨年来の火球の多さもあれですが、何だか、規模がどんどん大きくなっていますね。


ちなみに、記事によると、この日の夕方、このあたりの空にはこんな白い輪がずっと出ていたのだそう。雲かと思いましたが、雲ではなくて、光のように見えたらしいです。
どういう現象なのかは不明です。

firesky.jpg

地元の人たちは「火球の爆発と関連あるのでは?」と言ったりしている人もいるようですが、どうなんですかね。他の写真も ksl.com にあります。

本当にかつては見られなかった現象が次々と見られますねえ。
今のところ、被害もないようだし、これはむしろ嬉しいことなのですかねえ。





タグ:火球 隕石

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。