2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2010年02月25日


ここ半世紀の食肉文化の異常なグローバル化を見て

最近、わりとショックを受けた発表があって、FAO (国際連合食糧農業機関)の「2009年FAO食料農業白書」というものの中にあるもので、農業情報研究所の下のページに説明があります。

世界の食肉消費 1960年代初めと2005年の比較 FAO2009年食料農業白書の発表に寄せて
(農業情報研究所 2010.2.20)

ショックを受けたというのはこのページにある表で、農業情報研究所のページにあるものですが、大きいものですので分割して掲載してみます。表は、「1961年と2005年の地域別の食肉消費量の変化」を表しています。各地域の1人が1年間で消費する食肉のkg量です。

もともとは肉食文化はアメリカやヨーロッパなどでのマイナーな食習慣だったのです。それが、この50年間で、いかに急速に肉を食べる食習慣が世界中に広がっていったのかがわかります。およその数値を下に文字にもしてみました。

色分けが微妙で少し見づらいですが、こちらが各地域の色分けとなります。

meat-country.jpg


・1961年の各地域のひとりあたりの食肉消費量

meat-1961.jpg

1961年の時点での肉の消費量の順位は、多い順に

1位 米国 90kg
2位 西ヨーロッパ 70kg
3位 ヨーロッパ 50kg
4位 南米 40kg


と、ここまでが比較的多くて、続いて

5位 アフリカ 10kg
6位 東南アジア 10kg以下
7位 日本 10kg以下


ここからはさらに少なくなり、

8位 東アジア 5kg
9位 南アジア 5kg
10位 中国 5kg以下


と続きます。(kg数にはすべて「約」がつきます)

1961年では、アメリカでの食肉消費がダントツで多く、中国がひとりあたりではもっとも少なかったということになります。

当時のアメリカは、ひとりあたりで中国の20倍程度の量の肉を消費していたということになるようです。中国料理もわりと肉を使うイメージはありますが、比較にならないほどアメリカの食生活は肉中心のようです。

では、それから50年後の2005年はどうなったか。


・2005年の各地域のひとりあたりの食肉消費量

meat-2005.jpg

2005年の時点での肉の消費量の順位です。カッコの中は1961年からの増減です。

1位 米国 125kg(+35kg)
2位 西ヨーロッパ 85kg(+15kg)
3位 ヨーロッパ 70kg(+20kg)
4位 南米 40kg(+-0)
5位 中国 55kg(+50kg)
* 1961年の約10倍以上
6位 東アジア 55kg(+50kg)* 1961年の約10倍以上
7位 日本 45kg(+35kg)* 1961年の4倍強
8位 東南アジア 20kg(+15kg)* 1961年の4倍強
9位 アフリカ 15kg(+5kg)
10位 南アジア 5kg(+-0)


と続きます。(kg数にはすべて「約」がつきます)

南アジアを除く、ほとんどの地域で食肉消費はものすごい勢いで伸びていますが、特に、中国と東アジアがスゴイ。日本は別項目としてありますので、東アジアというのは、具体的には韓国や台湾などを指すと思われますが、この日中韓、東南アジアは異常なほど肉食文化が浸透してしまった、ということだと思います。
また、アメリカはもともと多いのにさらに増えています。「何をどうしたらそんなに食べられるのだい?」と、さすがに思ってしまいます。

なお、南アジアの肉食消費の少なさは、インドなど、(宗教的理由で)世界でもっともベジタリアンが多い国が集まっているからだと思われます。

上で「肉食文化が浸透してしまった」と否定的な書き方をしてしまいましたが、今回のFAO (国際連合食糧農業機関)の「2009年FAO食料農業白書」が問題としているのは、「途上国における畜産物需要の急増と畜産の急拡大の問題」ということで、農作の無秩序な拡大の問題点として、農業情報研究所では、

・畜産は世界の総消費量の8%の水を消費
・地球の農地の80%を使用
・過放牧での土壌劣化
・森林破壊の加速
・温室効果ガス総排出量の18%を占め、輸送部門からよりも多く排出している
・SARS、インフルエンザ、BSEなど動物由来の感染症のリスク

としていますが、しかし、こういう部分よりも、農業情報研究所のこの部分が心に響きます。


本来は極めて局地的であった食肉文明が、たった半世紀ほどの間にグローバル文明になってしまったということである。たった半世紀前、世界の大部分の地域・国では、肉のない食事が当たり前で (草育ちの家畜から乳はいただいても、命をいただくのは稀なことだった)、肉のある食事はせいぜい”ハレ”の日のごごちそうにすぎなかった。ところが、いまや新たに食肉文明を受け入れた国でも、肉のない食事は異常に貧しい食事とまで受け止められるようになった。


この

 > 命をいただくのは稀なことだった

という部分。

1961年よりさらに時代を遡れば、肉を食べない地域ではもっともっと食べていなかったように思われます。日本などは明治より先に遡れば、肉食文化はかなり特殊な文化だったと思われます。

だからといって、肉食を非難するというような主旨ではありません。ただ、なんというか、「もはや、人間は、命を食べていることに何の感動も感謝もなくなっているのではないだろうか」という残念感はあります。

「生きているものを殺して食べさせていただく」というのは、ものを食べる際には仕方のないことですが、今の状態は、無節操に動物を家畜として育てて、次々と殺して安くしていく。残った肉(殺された死体)はゴミとなって、たとえば、アメリカでは今や、年に150兆キロカロリー、一人一日あたりにして1400キロカロリーの食品が残飯となっていたりする。

なんというか・・・あまりいい現状だとも思えないのですがねえ・・・。

でもまあ、世の中の多くがこれでいいと思っているのなら、このシステムがそう簡単に変わることもないわけで、仕方のないことなんでしょうかねえ。

私個人は理由は特にないのですが、昨年の秋に突然、(感覚的に)肉を食べられなくなってしまって、それ以来、肉を食べていません。そろそろ半年近くなります。別にベジタリアンになったわけではなく、卵なんかは食べさせてもらっています。まあ、昔は焼き肉やレバ刺しなんかも大好きだった人間で、何となくさびしい感じもします。

私のことはともかく、肉を食べないなんていう極端なことはする必要はないと思いますが、「肉はごちそうだ」という認識で、ハレの日にありがたくいただくというようになればいいなあとは思ったりはします。

ただ・・・そんなこと以前に、肉といわず穀物といわず、食料自体が手に入りにくくなる時期はわりと近いのかなあという気はします。このことは、今年もやはり西洋ミツバチの集団失踪や集団死が続いていること、あるいは、アメリカでコウモリの大量死が続いていること、あと、干ばつとこれから予想される洪水とも関係していますが、書ければ書きたいと思っています。

極端な食糧問題が意外と近い気がします。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。