2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2010年02月28日


チリの地震で動いた断層の範囲のすさまじさ

Update - チリの地震の余震分布図の大きさの地図をもうひとつ作りました。そのすごさがわかるかと思います。(02.28)


昨日起きたチリの地震は、私が地震に興味をもって少しだけですが調べ始めてから、もっとも驚いたもののひとつです。それは被害の規模ではなく、地震の規模そのものについてなのですが、マグニチュードの 8.8 というのもそうですが、気象庁によると、どうやら今回の地震では、「断層が 600 km に渡って動いた」ということのようです。

昨日、「余震の範囲が広すぎる」と感じていたのですが、それは、断層が非常に大きく動いたからだったようです。現時点(2月28日の午前9時頃)での余震状況は、このようになっています。

chile-1.jpg

これだけでは実感がないようにも思われますので、チリと日本を同サイズにした地図で説明すると、このすさまじさがわかると思います。

これが今回のチリでの余震と分布となっていて、この赤い範囲の断層が動いた(あるいは動いている)と推定される地域になります。

chile-2.jpg


これをそのまま日本の地図に当てはめてみましょう。
東京を中心にしてみます。

japan-1.jpg

この範囲!

仙台から四国までの距離での断層がずれて、この範囲の全域で何十時間もマグニチュード5以上の地震が起き続けるというような地震がチリで起きていることになります。

今回のチリの地震は太平洋を巡るプレートです。
実は今、同じ太平洋プレート上に近いアメリカのカリフォルニアと、アラスカで群発地震のようなものが続いています。それが何を意味するのかは全然わからないですが、ある程度の地殻の活発化は感じます。

まあ、しかし、今まで何度か書きましたが、今まで(の数十億年がそうだったように)いつかは地球の形は変わるわけで、その際には地震も噴火も避けられないと思われます。私たちはこの時代に生きている者として、その変化を見たり、あるいは自分も直接被害者となって体験することになることは、程度の差はあっても避けられないのかもしれません。

頻度ではチリ以上の地震国である日本では、特にそれは言えるように思います。


[追記]チリの余震状況と、それを日本に当てはめてみると・・・。

チリの余震はその後、100回に迫る勢いで起きているのですが、余震とはいっても、M6.9などの非常に大きなものも含まれています。隣のアルゼンチンでも地震が発生したようで、どうも何だか大変な感じです。

上の日本地図との比較を現在までのチリの余震分布をそのままの縮尺で当てはめてみました。こちらが日本時間午後6時頃のチリの余震状況。

chile-5.jpg

四角の大きさはマグニチュードを表しますが、多くがM5前後くらいはあります。
これをそのまま日本の断層に沿って置きかえるとこうなりました。

japan-2.jpg

こんな広い範囲で何十回もM5クラスの地震が起きているってのは、もう・・・。
本当にすごいです。




タグ:チリの地震

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。