2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2010年05月22日


ノルウェーの国営石油会社の石油採掘所で事故が発生し、作業員たちが避難している

さきほど悪夢を思わせるニュースをロイターで見かけました。
PB社とは別の、石油リグの事故に関するものです。

今度はノルウェーの海域の北海で、 Stat オイル社というノルウェーの国営石油会社の石油プラットフォーム(石油採掘施設)に異常が起きて、現在、作業員約90名が施設から避難しているというものです。今のところ重大な事故や流出は起きていないようですが、どうも読むと、今回もメキシコ湾での PB 社の時と似たような原因、すなわち、「油田からの原油の制御できない圧力の変化」などにより機材などが壊れてしまったようです。実際はどうかわからないですすが、2つあるバブルのうち、1つが破損してなくなっているということも記事には載っています。

このガルファクスCという石油プラットフォームがある場所は、こちらのサイトの地図ではこうなります。「Gullfaks」と書かれている海域です。

gullfaks_e.gif


今回はとりあえず翻訳だけをアップします。



(ここから)



Statoil evacuates North Sea platform due "unstable" well
ロイター 2010.05.21


ノルウェーの国営石油会社の石油リグから人々が避難

ノルウェーの国営石油会社 Statoil 社は、21日、破裂防止装置(ブローアウト・プリベンター)の2つのバルブのうちの1つに過度な圧力の変化が起きた後に、従業員たちが北海のガルファクスCプラットホームから避難したと発表した。


環境保護団体ベローナは「状況は非常に危機的だ」と述べ、メキシコ湾での BP 社の石油リグ爆破事故による原油流出の環境災害に続く災害の危険性を強調した。

Statoil 社のスポークスマンのギスル・ジョハンソンは、「(原油の)流出も(施設の)損傷もまったくない。プラットホームの状況は安定していて、私たちは状況をさらに正常化するための作業を行う計画を立てている」と述べている。

ジョハンソンは、約90人の作業員が避難したことについては、ガルファクス油田で起きた「不安定な圧力の状況」によって起きたたことだと語った。

ノルウェーの環境保護団体の中で主要なグループであるベローナの代表であるフレデリック・ホージは、「彼らは、油田からの制御不能の圧力に見舞われている。バリア(防御壁)のひとつがなくなり、ひとつだけが残っている状態だ」と述べた。また、「その制御不能の圧力は非常に深刻で、大事故に繋がる可能性がある。」として、

「2010年の第1四半期には、8件の”大事故に発展する可能性のある”事故がノルウェーの石油産業で起きているのだ」

と付け足した。

「ノルウェーの規定の仕事は外部からは格好よく見えるかもしれないが、ノルウェーの産業は多くの安全上の問題を抱えているのが現状だ。」とホージは言う。

今回事故のあったガルファクスは北海のノルウェーの Tampen 海域にあり、油とガス生産を採掘していて、1日当たり78,000バレルの油と1年に約4億2000万立方メートルのガスを生産している。

ガルファクスCは、地区にある3つプラットホームの1つだ。
採掘地点までは海面から1,700〜2,000メートルの深さで、この海域の海の深さは130から220メートルになる。

Statoil 社は、この海域の70パーセントをPetoro社と共に所有している。





(ここまで)

あたふたと訳しましたので、専門用語など間違っている点もあると思いますが、あまりにもこんなことが続くことにはさすがに驚きを感じます。また、この記事の中にある「ノルウェーでの石油プラットフォームでの事故の多くがいつでも大事故に結びつく可能性があった」という点も意外な感じはしました。

gullfaksc_450.jpg

Fire Earthにあった写真。事故のあったStatoil 社のガルファクスCプラットフォームのようです。


今、ちょっと慌ただしくて、あまりパソコンの前にいない状態でして、今後の更新やコメントがもしかすると少し遅れがちになるかもしれないですが、原油の件はPB社の件も含めて、成り行きが気になっていますので、その関係だけでも、なるべくアップしてみたいと思っています。


ただまあ・・・ちょっと思ってしまうのは、PB社のメキシコ湾での事故もそうなんですが、今回も「油田から想定外の圧力がかかった」ということで、地域も深さも全然違う油田で同じように「想定外の圧力がかかる」ことが起きている・・・。

何となく連想していまうキーワードは、「地球の地下で何かが起きている」とか、「磁場に何か重大な変化が起きている」というようなことだったりしました。つまり、「まだ世界各地の油田でこんなことが続いてしまう」というイヤな連想ですが・・・まあ、そんなことはないと思います。



Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。