2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2012年06月09日


2012年のアメリカの春は記録の上で最も気温の高い春だった



(訳者注) 「今の世界の気温は、平年と比べて果たして暑いのか寒いのか」ということが今ひとつわからないのですが、少なくとも、米国においては今年の春は「記録上で最も暖かい春」だったようです。

下の図は、アメリカ海洋大気庁( NOAA )が昨日発表した 2012年3月から5月のアメリカの気温状況にこちらで日本語を入れたものです。

赤が「記録的な高温」で、「青になるほど低温」ですが、青の方はほとんどありません。


us-temp-2012-spring-02.jpg


まあ、これはあくまでアメリカの気温の報道であり、世界全体に当てはまるものではありません。しかし、In Deep の記事でもふれましたが、北極でも急速な温暖化による氷解が進んでいて、局所的には気温は確かに上がっているようです。

もちろん、一方で気温が下がっている場所も多くあります。

そのあたりは、日本の気象庁の、

全球異常気象監視速報

というページで確認できます。

erath-2012.jpg

上は5月30日から6月5日までの週のものですが、「赤が平年より高温」、「薄い青が平年より低温」と場所で、全体を見るとどちらかがほぼ存在します。地球は全体が一方的に「温暖化」したり、「寒冷化」するというものではないようです。


そんなわけで、ここから米国の「記録の上で最も気温の高かった春」についての報道記事です。






U.S. has warmest spring season on record
UPI.com 2012.06.08

今年の米国の春は記録的な暖かさだった

warmest-us-spring.jpg

アメリカの今年の春は、記録の上で2番目に暖かい5月であり、また、春全体では記録の上で最も気温の高い春だったことがアメリカ海洋大気庁( NOAA )から発表された。

2012年5月は、隣接する米国の 48州の平均気温は摂氏 17.9度で、平年より約 1.8度高く、これは歴代で2番目に高い平均気温だったと NOAA の科学者は述べた。

3月から5月までの春の季節の間の平均気温は 13.9度だった。これは、 1901年から 2000年までの 100年間の同時期の平均気温と比べると、約 2.9度も高い気温となり、米国で気温の記録がとられ始めた 1895年からの記録としてはこの期間として最も高い気温となった。

過去で最も暖かい春だったのは 1910年の春だったが、今年 2012年はその記録を上回ったことになる。

この暖かい気候は米国全体の雨量をまばらなものとして、全体として乾燥したシーズンとなっていると NOAA では述べている。


--
[異常気象]の関連記事:

カオス化する気候 - 豪雪と異常高温が混在する世界

カオス化する気候 2 - 迷宮入りするその原因



Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。