2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2012年07月22日


中国: 北京で過去 61年間で最大の豪雨





▲ 現地報道の7月22日の北京市。
--

(訳者注) 日本の豪雨被害も、西日本では大変な状態で続いていますが、アジア圏内では他の国でも、非常に多くの国々で豪雨による被害が続いています。

先週の台風7号では、珍しく韓国を台風が直撃したため、首都ソウルなどでも大雨被害が出て、一名が亡くなっています。


korean-herald.jpg

▲ 7月18日。水没した韓国ソウル市チョンゲチョン通りの地下鉄入り口。


そんな中、中国の北京では、昨日7月21日から今日にかけて、豪雨が降り続けて、大きな被害が出ていることが報道されています。

この雨量は、中国では 61年ぶりの豪雨ということですが、61年前にそういう雨が降ったというよりも、「正確な天候の統計開始以来はじめての大雨」といったニュアンスが強いように読めます。

アジアやロシアの各紙で報じられていますが、グローバルタイムズというメディアの記事からご紹介します。






Death toll in Beijing downpour rises to 10: media
Grobal Times 2012.07.22

北京での豪雨での死者が10名に拡大

cr-01.jpg

▲ 大雨で水没した北京市 六里橋道路。7月21日午後6時30分。


中国の CNTV の報道によると、中国の北京は過去61年間で最もひどい豪雨に見舞われており、7月22日の深夜の時点で、雨による死者は10名にのぼっている。

cr-02.jpg

▲ 北京市。7月21日。


cr-03.jpg

▲ 傘で寄り添って歩くカップル。北京市。7月21日。


報道では、現在、北京の 14,500人の住民が避難しているという中国の公式報道を引用している。雨量は 212ミリに達しているという。もっとも雨量の多かった北京の方山地区では、雨量が 460ミリに達しているとも報じられている。

雨は前日の午前から降り続け、現在、10万人規模による救助活動がおこなわれていると報じられている。




Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。