2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2012年11月15日


火星の記録(1): 生物の下あごの化石と主張する人がいるキュリオシティ撮影の写真


写真番号は NASA が火星の写真につけている通し番号で、NASA ジェット推進研究所のマーズ・サイエンス・ラボラトリーなどで、実物を検索することができます、
--

キュリオシティ撮影
写真番号: 0072MR0557000000E1_DXXX_a


mars-photo-001.jpg

場所: 火星のゲール・クレーターのグレネルグ領域。



キュリオシティが撮影した上の写真の中央にある下の部分は確かに独特な形をしています。
長さは 2.5センチ前後の小さなもののようです。

jaws-01.jpg



martian-jaws-02.jpg



これに関しては、アメリカの火星のオカルト的探求サイト wretchfossil に、

Curiosity Found Martian Jaw Bone & Teeth?
キュリオシティが、あごの骨か歯の部分の化石を発見した?

という記事があり、そこには地球上での化石の写真(下)と比較しています。

地球の原人の化石の下あご部分と周辺部分の化石

ape_man.jpg

ロイターより。



nat-bone.jpg

ネイチャーより。


まあ、この「火星の記録」シリーズは、記事というより、「資料」として、後に自分の見たい火星の写真などを検索しやすくするためのものでもありますので、特に「これが何か」というようなことを考えるものではありません。

今後も興味深い火星の写真について、あまり想像や解説などなく載せていこうと思います。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。