2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年01月15日


5ヶ月間で 20個の巨大シンクホールが出現した中国の村



1-sinkhole3a.jpg

▲ 湖南省漣源市に開いたシンクホールのうちのひとつ。昨年9月からだけで、この市内だけで 20個以上の「巨大な穴」が発生しているのだそう。
--



何の前触れなく出現する巨大なシンクホール


少し前の記事の、

2012年後半も中国ではシンクホールが多発
 2012年12月29日

で、中国でシンクホールが多発していることをご紹介しましたが、米国の msn ニュースでも、上の記事とは別の中国の村でシンクホールが多発していることが取り上げられていました。

中国南部にある湖南省の漣源市(れんげんし)というところで、地図では、下の位置です。

map-ch-01.jpg


前記事で取り上げた場所は下の位置で、日本では関東から九州くらいまでの距離くらい離れた場所です。




原因は、当局は「炭鉱の数が多いから」ということですが、 msn の記事にもあります通り、「それは合理的な説明にはなっていない」と私も思います。


今後、どれだけ中国(あるいは世界)でシンクホールの事例が続くかということも、個人的には地球の地殻変動全般の事例の中のひとつの例として、興味があります。

当事者の人たちは大変でしょうけれど・・・。


その中国のシンクホールの記事をご紹介いたします。
ここからです。






Village suffers over 20 sinkholes in five months
msn (米国) 2013.01.14

5ヶ月間で20個のシンクホールに困惑する村


2-sinkhole2a.jpg


中国南部の湖南省にある漣源市の住民は、この数ヶ月、次々と陥没していく大地のシンクホール(大地が陥没してできる巨大な穴)に怯えながら生活している。
 
昨年(2012年)の9月からだけで 20個以上のシンクホールが開いている。
 
その中には、家屋の倒壊を引き起こしたケースもあり、川が干上がってしまったケースもある。



3-sinkhole1a.jpg


そして、どのケースでも、事前に何らかの警告も前触れもなく発生している。この点も、住人たちの不安を大きくしているようだ。

地元当局によると、陥没の主な理由は、この地域における炭鉱の数だという。

しかし、この当局の理由だけでは、これだけ多くのシンクホールが出現する理由としては明確とはいえない。







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。