2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年01月31日


中国の広州市で突然開いたシンクホールに雑居ビルが飲まれていく光景



collapsed-building.jpg



最近、中国のシンクホール(大地が陥没して開く穴)のことについて記事にすることがおおかたのですが、また、広州市という比較的、都市部でシンクホールのニュースがあり、またこれは崩落していく様子が動画でも撮影されていましたので、その動画を先に貼っておきます。

中国広州市のシンクホール/地面の崩落 2013-01-28





中国のシンクホールに関しての最近の記事としては、

5ヶ月間で 20個の巨大シンクホールが出現した中国の村

2012年後半も中国ではシンクホールが多発

などがあります。

今回のものも含めて、昨年11月からの中国の巨大シンクホールの場所を地図に記してみました。


ch-2012-2013-map.jpg


この中で、下からふたつめにある湖南省の漣源(れんげん)市というところでは、「5ヶ月間で 20個の巨大シンクホールが出現した中国の村」で取り上げましたように、半年で20個のシンクホールが開いており、原因もよくわかっていないよでうです。


では、ここから上の今回の広州市のシンクホールの報道です。






Massive sinkhole swallows buildings in Guangzhou, China
Yahoo! News (米国) 2013.01.30

中国広東省の街で、巨大なシンクホールがビルを飲み込んだ

ch-sink-02.jpg

▲ 中国のネットに投稿された携帯で撮影された現場の写真。大紀元日本より。


広東省広州市で突然、大地に開いたシンクホールは、数千人の周辺住民たちに影響を与えた。地盤の沈下は、約 300平方メートルの面積にわたり、その深さも 10メートル以上のもので、ビル3棟が倒壊した。
付近住民はすぐに避難したため、死傷者はいないと中国メディアは報じている。

今回の事故で停電が発生し、3千世帯に影響が及んだ。

警察は場所を封鎖したが、その後も地盤の陥没は続き、その後、陥没現場から数十メートル離れた場所でも新たに数カ所が陥没したことが中国のネットでは伝えられている。

原因としては、地下鉄工事の震動などかもしれないという。







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。