2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年03月19日


南米の法王が決まった翌日、リオのキリストが見つめる湾の中で大量に死んだ魚たち



2016年のオリンビック開催地のリオデジャネイロでかつてないほどの魚の大量死が発生



riodejaneiro-jesus-christus.jpg

▲ 今回大量死があった場所の山の上には「キリスト像」があることで有名な場所だそうで、下のように、イエスが腕を拡げて海と町のあたりを見つめています。そこで下のように魚たちは死にました。80トンに上る大量の魚たちが下のように浮かびました。


rio-top.jpg


昨年の In Deep の記事で、

黒海の大量死: ロシアのリゾート地「ソチ」の海岸に連綿と連なるイルカたちの亡骸
 2012年06月11日

というものをご紹介したことがあります。
ソチというのはロシアの黒海沿岸のリゾート地です。

sochi-2012-05.jpg


ここも2014年にソチオリンピックというものがおこなわれる場所ですが、次々とイルカの死体が打ち上げられています。


そして、今度は 2016年にオリンピックが行われるブラジルのリオデジャネイロでの大量死。


人間はオリンビックが好きみたいですけど、海洋生物はそうでもないようです。

記事をご紹介します。






Shocking photos emerge from Rio Olympic site
USA Today 2013.03.14

リオのオリンピック開催地から衝撃的な写真


rio-01.jpg


2016年のオリンビックが開催されることが決まったブラジルのリオで、80トン以上の魚の大量死が発生した。周辺一帯には悪臭が漂っている。

原因は大雨によって腐敗した藻類が蔓延し、海中で酸素不足が発生したことによると見られている。死んだ魚の種類は、ブリ、ナマズ、ティラピアなどだ。

すぐに作業員 100人に上る清掃が開始され、除去作業には 48時間かかった。



rio-5.jpg


このラグーンは、有名なリオのイエスの立っている丘の下にあり、この場所は2016年のオリンピックでも重要なイベントに使用される。

ブラジルの複数の報道はその像と魚の大量死の対比が「まるで絵のような異様な光景だった」と報じている。







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。