2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年03月21日


スペースシャトルの撮影した地球の風景の中に写る「空を飛ぶ龍」




下の写真は 2001年に当時のスペースシャトル・ディスカバリーが地球の軌道から地上を撮影したものです。


d01.jpg


場所のクレジットがないですが、雄大な景色が広がります。


NASA のThe Gateway to Astronaut Photography of Earthの写真ライブラリーの

During STS105 mission, Shuttle Discovery August 2001

にあります。



しかし、暇な人がいるもので、この写真の中央あたりの空中に「奇妙なもの」が写っているのを見つけた人がいるんですね。

上のではちょっとわかりません。

少し拡大してみます。


d02.jpg


お?


確かに何か写っている。
ここはかなりの高度の大気層のはずです。

もう少し拡大してみます。


d03.jpg


うーむ、ぐねぐねとした蛇のようなものです。


龍とかウナギのようにも見えますが、これがカメラ等の傷か、あるいは実際に何か飛んでいるのかどうかを判断するのはこの写真1枚では難しそうです。


まあ、でも、いろいろと空を飛んでいると考えるのも夢があっていいのでは。

UFO なんかが飛んでいるよりうなぎが飛んでいたほうが楽しいですし。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。