2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年04月02日


1970年代に探査機バイキング1号が送ってくれた火星の写真コレクション



true-001.jpg

▲ 地球の人類の作った機器が初めて火星に降りたった記念すべきバイキング1号の撮影した火星の様子。
--




個人的に、火星の写真は何年か集めていて、暇な時には無人探査機のボディの色を参考にして、「本物に近いと思われる火星の色」に修正したりして遊んでいます。


最近、写真はどんどんと増えてきているのに、整理していなかったので、情報と写真がバラバラになってきて何が何やらわからなくなってきています。このままだと、混沌としてどれがいつのどこの写真かわからなくなりそうですので、保存と記録を兼ねて、たまに無造作にアップしたいと思います。


今回は NASA が1970年代に進めた無人火星探査計画バイキングの写真ですが、どういうわけか、この40年前の火星探査の写真のほうが今のものより、「私の中にある火星の姿に近い」です。

なので、今回はバイキング1号の写真を何枚か掲載しておきます。

バイキング1号について Wikipedia から冒頭の説明を抜粋しておきますね。


バイキング1号

viking_spacecraft.jpg


バイキング1号(Viking 1)は、NASAのバイキング計画で火星に送られた2機の探査機のうち最初の1機である。

1975年8月20日に打ち上げられ、10ヶ月の飛行の後に火星へ到達し、軌道に入る5日ほど前から火星の全体像を返し始めた。運用終了日は 1980年8月17日。




では、以下がそのバイキングのうつした写真です。

ほとんどは私による色の修正か、あるいは極端にズームアップにしているものなどもありますが、ほぼオリジナルのものもあります。たとえば、こちらの雪のような白いものが見える写真などは NASA にあるオリジナルで、何の手も加えていません。

image008.jpg



このような感じで、いろいろ混じっていますが、色以外の加工はしておりませんので、興味のある写真がありましら、ご各自で子細にご覧いただけると幸いです。


火星というのが、いろいろと見えるような見えないような、そんないろいろな思いや想像力を抱かせてくれる惑星であることは事実です。いや、他の惑星もそうなのだと思います。

では、ここからです。









バイキング1号の撮影した火星

10-JG-04-hills-A074R1.jpg





mars_surface_vik1_big-1.jpg




1450218795_123.jpg





1450218795_135.jpg





mars-rabbit-01.jpg




Mars+Microbe.jpg




viking-or-01.jpg




ms-001.jpg




1450218795_163.jpg




vls23.jpeg


それと、バイキングとは関係ないですが、キュリオシティの撮影した火星の写真360度のパノラマにしたものがありまして、それを色を修正した動画としたものがありますので、貼っておきます。


キュリオシティが撮影した火星の360度パノラマ







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。