2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年04月25日


アルゼンチンの広範囲で目撃された火球の爆発



al-met.jpg

隕石など天体の落下によって起きる(他の理由の場合もあります)「火球」は世界中で頻繁に目撃されていますが、ビデオにおさめられる機会はそんなに多くありません。


4月21日に、アルゼンチンで野外コンサートを撮影していた人が偶然、空中で爆発した火球を撮影しました。

動画と、動画が消えた時のために連続写真を貼っておきます。

アルゼンチンの火球





ロシアの声の報道には下のようにあります。


宇宙からの「火の球」アルゼンチン上空を飛ぶ

この現象は6つの州で目撃された。

bef-01.jpg

▲ 火球の爆発前。

aft-02.jpg

▲ 火球が爆発した時には昼のような明るさになった。


夜の街は「昼間のように明るくなった」と目撃者。

「非常に明るい光だった。まずは緑に、そして白く光り、追って火の球が現われた。何秒か後、地面が揺れ、爆発音のような音が聞こえた」。

サンタフェ天文台のホルヘ・コグラン所長もこの現象にコメントを寄せた。

「火の球は時速13万kmで飛び、高度65kmで爆発した。天体自身の大きさは、直径およそ20cmほどだ」。



写真も連続で載せておきます。

最初の白い爆発の後、赤い爆発が起きています。

ar-01.jpg




ar-02.jpg




ar-03.jpg




ar-04.jpg




ar-05.jpg



確か、アルゼンチンでは今回のを含めて、この1ヶ月で3回目くらいの火球の爆発の報道があったと記憶しています。映像と写真が残ったのは今回だけでしたので、ご紹介しました。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。