2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年04月26日


中国雲南省の干ばつが極めて深刻な事態に: 被災者は 1200万人を越える



yun-nan-2010.jpg

▲ 2010年の雲南省の干ばつの際の報道写真。より。今回は、前回より干ばつ被害がひどいはずなのに、なぜか現地の写真がほとんど中国のメディアに載っていません。
--





最近の中国は、鳥インフルエンザ、四川省での地震と、海外のメディアを賑わすような出来事が多いですが、実は「最も困っている中国人の数が多い災害」は雲南省の干ばつかもしれません。

newsclip.be に、亜州IR産業ニュースからの抜粋として以下の報道がなされていました。




中国:雲南省の干ばつ深刻化、被災者1245万人に拡大
newsclip.be 2013.04.26

雲南省の水利庁は 4月24日、省内の11州で干ばつ被害が一段と深刻化しつつあると報告した。河川 323本で流れが止まり、ダム 331カ所が干上がったという。被災者の総数は 1244万 8900人。うち 269万 7700人が援助を必要としている。 342万 3800人の飲み水が足りていない。

家畜 168万 9100頭も飲料水不足に陥っている。

被災農地の面積は 1173万ムー( 1ムー=6.67アール)。うち 128万ムーは収穫が絶望視される。森林 2331万 1100ムーも被災した。干ばつによる被害額は、直接分だけでも 100億元(約 1500億円)近くに膨らんだ。

雲南省は4年連続の少雨。

2009年 10月以降、降水量が目立って減少している。森林火災も頻発する傾向にある。 2012年の森林火災数は、前年比 160%増の 299件、焼失面積は 260%増の 2500ヘクタールに達した。






あるいは何らかの報道管制のようなものもあるのかもしれないですが、農地の現状の写真はネットにはほぼ皆無です。

ただ、雲南省の昆明という場所にる「千年古寺」と呼ばれる(正式名お寺の名前ではないです)池と緑に囲まれた美しい寺院の水が干上がったことは大きく報道されていました。


1000nen-temple-1.jpg

浙江新聞網 より。


ちなみに、上のお寺の「水のあった時」の風景は下のようなものだったようです。

1000nen-temple-2.jpg



水ってのはその存在そのものがすごいなあと改めて思います。

飲むだけ生きるためのもの以上に、「見るもの」であるということを上の写真の比較で感じます。


旧ソ連の『惑星ソラリス』という映画のラストシーンは地球が「意志を持つ海」に飲み込まれていく様子で終わるのですが、

・水がなくなる

のと

・水に覆い尽くされる

のとどっちがいいかなあ・・・あるいは、どっちがイヤかなあ、などと考える次第でした。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。