2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年08月08日


「こんなことはクレイジーだ」 : たった一晩で米国カンザス州に開いたシンクホールの巨大さに圧倒される地元の人々



これまで、 In Deep を含めてシンクホールの記事は数多くご紹介してきましたが、 2013月の 7月の終わりに米国カンザス州に開いたシンクホールは、それらの中でも最大級のもののひとつであるといえると思われます。

そのシンクホールの大きさ。

下の写真の丸の中に一人の男性が写っていますので、その人物と比較していただくとおわかりになりやすいかと思います。

us-sink8-01.jpg

KWCH より。


地元カンザス州のメディアなどでは写真などが数多く掲載されています。

その中のひとつをご紹介します。


ついでといっては何ですが、ここ1年くらいの間での巨大シンクホール、あるいは巨大な地崩れと言えるものをいくつか記事のリンクと共に掲載しておきます。

大地を飲み込もうとしているかのような地球の上で: 世界中で頻発する巨大な地崩れ
 2013年04月26日





スウェーデンで振動と共に地表に開いた世界最大級のシンクホール
 2012年04月15日





米国ユタ州で史上最大規模の地崩れが発生
 2013年04月14日





というわけで、カンザス州のシンクホールについては、米国の KWCH の記事をご紹介いたします。







Giant sinkhole amazes small Kansas town
KWCH (米国) 2013.08.02



巨大なシンクホールがカンザスの小さな町を驚かせる


ghs-1.jpeg


米国カンザス州西部にある小さなコミュニティの住民たちは、自分たちの見ている光景を信じることができないと口々に語る。

説明のできないことが起こり、人々は畏怖と多少の苛立ちを感じている。

現場の写真を見たデイヴィッド・ベイリーさんは「これはクレイジーだと感じたよ」と言う。その写真を見た人々は、それが本当のことかどうかを確かめるために現場に数多くの人が向かったという。


gsh-3.jpeg


そして、現場を見た人々は一様に、「何がどうしたら、こうなるんだ? いったいここで何が起きたんだ?」と思うのだ。

ダネトンホスの牧草地の真ん中にこの「大きな穴」が開いたのは数日前のことだった。

このシンクホールは、直径 60メートル、深さは 27メートルあった。

こんな大きな穴が「たった一晩」で出現したことに人々は驚いている。

この周辺には、油田や灌漑した井戸などはなく、これは人の手によるシンクホールではない。

「何かが起きたんだ」

地元の保安官のタウンゼント氏はそう語る。







Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。