2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2013年10月29日


英国を襲ったハリケーン並みの暴風雨「セント・ジュード」の破壊力



jude-top1.jpg

Weather Channel より。




10月28日、イギリスをはじめ、オランダ、ドイツなどの各国でハリケーン並みの暴風によって、現在までに少なくとも 13名が死亡し、また、イギリスでは原発が停止に追い込まれました。

uk-edf.jpg

VOR より。



この暴風雨はイギリスでは、毎時 130キロの非常に強い風をもたらしたストームとなり、「セント・ジュード (St. Jude)」と命名されています。台風やハリケーンではない暴風に命名されることは珍しいことかもしれません。


英国の報道には、暴風雨の通過した後の壮絶な様子が多くのメディアで報道されています。

その中から、ロンドン市内の様子を伝えている「ロンドン・イブニング・スタンダード」から写真をご紹介しておきます。

Killer storm: girl, 17, dies in caravan, motorist crushed by tree and two die in gas blast
London Evening Standard (英国) 2013.10.28


殺人嵐。カラヴァンで17歳の少女が死亡し、ガス爆発で2名が死亡した


1-houns.jpg


2-blast.jpg

▲ ハンズローでのガス爆発の現場。警察とレスキュー隊が慌ただしく動いていた。





2-scaff.jpg

▲ 強風で町並みが破壊されたレイトンの商店街の様子。




3-storm.jpg

▲ ターンパイク・レーンで、倒れた木でバスが被害を受けた様子。ツイッターに投稿された写真。





3-bus.jpg

▲ 各地の道路で同じような光景が見られた。こちらはグリーン・レーン。









Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。