2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年02月04日


アラブの「冬」 : 過去 50年間で最悪の豪雪に見舞われているイランで数十万世帯が停電



iran-snow-01.gif

▲ 2014年2月3日のアラビア語メディア shorouk news より。



イランが、近年では経験したことのないような大雪に見舞われているようです。

上のようなニュースが数多くあるのですけれど、アラビア語では詳細がよくわからないですので、探してみましたところ、英国の BBC で報道されていました。

iran-snow-02.gif

▲ 2014年2月3日の BBC より。


これらの報道によりますと、イラン北部を中心に大雪となっていて、特に、カスピ海に面しているマーザンダラーンという州では、2メートル以上の雪が積もり、過去 50年間で最悪の大雪被害が出ているとのこと。

Iran_Snow_03.jpg

▲ イラン北部では積雪が2メートルに達しているところも。2014年2月2日の TREND より。


車で立ち往生し、レスキューによって救出された人の数は1万人を越え、また、48万世帯が停電しているとのこと。北部では多くの学校も休みとなっているようです。

tehran-02.jpg

▲ イランの首都テヘランの2月2日の様子。今後さらに気温が下がり、雪も続くと見られています。 BBC より。


気温も低く、イランの気象局の予測では、テヘランなどでも、今後、気温がマイナス8度まで下がる可能性があるとしています。イランのふだんの冬の気候や気温はあまりわからないですが、下の表のテヘランの平均気温を見る限りは、マイナス8度というのは特例といえそうです。

tehran-03.gif

▲ テヘランの平均気温。冬はそれなりに寒くなるようです。 Wikitravel より。


冬ですので当然なのかもしれないのですが、それにしても、極端に寒い地域が次第に世界中に拡大しています。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。