2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年05月06日


ルーマニアは「5月の雪」の中



romania-snow-top.gif

▲ 2014年5月4日のルーマニア Realitatea より。



この冬から春は、ヨーロッパでも暖かい国や地域と、寒波の激しい地域とにわかれていましたが、ルーマニアは「5月になってまだ雪が降っている」という状況となっています。

上の報道は 5月 4日のもので、日本では夏日などの場所もあった日ですが、首都ブカレストなどでも雪やヒョウに見舞われていました。

この「ルーマニアの雪」は、今年の春になっても比較的続いていまして、たとえば、下のルーマニアのニュースは 4月 15日のものです。この時はかなりまとまった雪が降りました。

easter-snow.gif

▲ 2014年4月15日のルーマニア Stirilepro TV より。


いかな涼しい東欧とはいえ、4月、5月に入って雪が降り続けるというのも、なかなかのもので、それは上のニュースの見出しなどを見てもおわかりになるかとも思います。

rom_map.gif

▲ ルーマニアの場所。周辺の東欧諸国に比べると、国土面積の広い国です。日本ルーマニア音楽協会「ルーマニアという国」より。


4月 15日の雪の時はかなり本格的に降り、地域の中では雪景色に戻ってしまった場所も多かったようです。


今回の 5月 4日の雪も、首都ブカレストなどで撮影された写真がネット上に多くアップされていました。

grindina-bucuresti-1.jpg


grindina-bucuresti-2.jpg

▲ 2014年5月4日のルーマニア Realitatea より。


雪とヒョウは、10センチ程度積もりました。その後、溶けた後に、街のいたるところで小規模の洪水のような状態となったとのことです。

今年は、まだ春が来ない国や地域はわりと多いですが、逆に異常な温暖に包まれている国や地域もあるわけで、地球全体としてどうこうとは言えないものの、ルーマニアの例に見るように「極端な気候」となっている場所が多いように感じます。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。