2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年05月22日


モスクワで5月としては120年ぶりに最高気温記録を更新



moscow-1897-top.gif

▲ 2014年5月21日のイタル・タスより。


前回の記事、

南極の海氷が観測史上の過去最大量を日々更新。日に約7万平方キロのペースで氷面積が拡大中
 2014年05月21日

では、南半球で海氷量が増えており、気温が一貫して低い傾向を見せているということを記しましたが、一方で、北半球では地域的に「異常な暑さ」を見せている場所があります。

そのひとつがロシアのモスクワとその周辺地域です。

上のイタルタス通信の記事にありますように、5月21日に、モスクワ市内では最高気温が 31度を記録し、これは、この時期としては、1897年の記録を破る高い気温となっているようです。


5月21日に31度を表示したモスクワ市内の電光掲示板

moscow-31.jpg

▲ 2014年5月21日の newsmsk より。


あまりにも早い「猛暑」にモスクワの人々は一斉に公園のプールで水浴びをしている様子が伝えられています。

moscow-cool-pool.jpg

▲ 2014年5月21日の mk.ru より。


ロシア水文気象環境監視局の発表によれば、しばらくこの 30度近い最高気温の日が続く見込みのようです。

ただ、暑いのは日中だけで、この 31度を記録したモスクワ州では、夜には気温は 10度近くまで下がった場所もあったそう。

ロシアの夏が暑いのは最近ずっと続いていますが、今年はどうなのでしょうね。

その一方で、アメリカのコロラド州では、「 5月22日の雪景色」の様子が、現地の住民の Facebook に載せられていました。


米国コロラド州カークウッド リゾート 2014年5月22日

us-cor-1.jpg


us-cor-2.jpg

Good Morning Kirkwood より。


この夏はかなりカオスな天候状況となるかもしれないですね。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。