2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年06月01日


ロシア極東地域でまたも激しい洪水が発生中



amur-top.gif

▲ 2014年5月31日のロシア ampravda より。


ロシアでは一昨年以来、各地で激しい洪水が起き続けています。

昨年8月には、ロシアの極東地域で非常に大規模な洪水が発生しました。
特にアムール州という地域では、過去 120年間で最悪の被害を出した洪水が発生しました。

rt-floods-120-2.jpg

▲ 2013年8月22日の過去記事「ロシア極東での洪水は過去 120年で最悪の被害に」より。


今年はまだ5月だというのに、同じような地域で洪水が発生し、昨年、壊滅的な被害を受けたアムール州に洪水が迫っている可能性があることがロシア非常事態省により発表されています。

top-ru-flood.jpg

▲ 2014年5月31日のインターファクス通信より、アルタイ地方の洪水の様子。


昨年の洪水は、下の地図のアムール川上流の氾濫から始まり、次第に下流のハバロフスク州などに拡大して、極東地域全域が洪水に見舞われました。

amur-map-2.jpg


アムール川は、中国の遼寧省、吉林省、黒竜江省などにも繋がっていて、昨年の洪水では、中国でも大きな被害を出しました。

kok-2013.jpg

▲ 2013年8月の中国のアムール川の増水による洪水報道。新華社より。


そして、今年も、シベリアやロシア極東の各地で豪雨による洪水が発生しています。

ru-fl-2014-01.jpg

▲ 洪水かに家畜を守るために、場所を移動させている光景。piter.tv より。


ロシア政府と非常事態省も、最近の洪水被害の激しさのこともあるのでしょうが、かなり早い段階で、今後の方針を検討しているようですが、洪水がどのように拡大していくかは予想できない面があり、状況に応じて、非常事態宣言なども含めて、住民の安全確保に当たるというようにことを述べています。

今年の洪水の特徴は、とにかく「発生時期が早い」ということに尽きます。

そして、ロシアでも、他の北半球の地域でも、本格的な豪雨や荒れた天候が訪れるのは、本来ならこれからの季節ですので、今年は本当に洪水が多くなりそうです。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。