2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年06月11日


ブラジル:ワールドカップの開催地で記録的な洪水による非常事態宣言。イグアス滝は水量が平時の30倍に達している



brazil-flood-top.gif

▲ 2014年6月10日の WID Apocalyptic Brazil Flood: Thousands Flee From World Cup Host City より。


ワールドカップの開催が近いですが、そのブラジルのサッカーワールドカップの試合会場があるパラナ州のクリチバという場所で豪雨による洪水が発生しており、数万人の住民が避難しています。

また、現在までに9名の方の死亡が確認されているということです。

このクリチバには現在、非常事態宣言が出されています。

wc-02.jpg

▲ 6月10日のクリチバの様子。 Epoch Times より。


また、この豪雨で、ブラジルのイグアスの滝は、1993年7月に記録した2870万リットルの水量を大幅に上回り、水量が平時の 30倍の毎秒4500万リットルという大増水となっている模様。

Iguazu.jpg

Epoch Times より。

NHK の「ブラジル南部で水害 9人が死亡」という報道によりますと、


クリチーバには、まもなく開幕するサッカーワールドカップの試合会場がありますが、洪水被害があった地域からは離れているため、大会に直接の影響はないということです。




ということで、大会には支障がないということですが、このように非常に不安定な天候となっていることを踏まえて、現地に行かれる方は十分に現地の天気予報などにお気をつけられるのが懸命かと思います。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。