2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年06月26日


世界中で続く「奇妙で異常な天候」 : 日本に続き、ロシア各地で「タマゴのサイズ」の雹が降る



6月24日の東京の雹(ひょう)は、その量がこれまでの日本の、しかも6月としては考えられないようなもので、かなり驚きましたが、実際には今年は世界中で妙に雹が多く報じられています。

2014年6月24日の三鷹市の様子

mitaka-2014-06-24-01.jpg


mitaka-2014-06-24-02.jpg

▲ 共に Girls Channel より。


この「雹」なんですが、実は最近、わりと大きくされたのは「ワールドカップ」に絡んだものでした。

ワールドカップ開催前の 6月 7日に、ベルギーのブリュッセルのスタジアムで、ワールドカップの前哨戦のチュニジア対ベルギー戦がおこなわれていた「試合中」に、突然、大きな雹が降り、試合が中断されるということが報道されたことがありました。

6月7日にブリュッセルのスタジアムに降った雹

be-hail.jpg


be-hail-02.jpg

▲ 6月7日の Daily Mail より。


そして、昨日 6月25日は、モスクワ近郊などを含めて、広範囲で「雹と雪」が同時に降るということが報じられていました。

hail-late-june.gif

ria56.ru より。


記事の見出しにある通り、それらの雹は大きなものでは「タマゴの大きさ」ほどもあったということです。

また、同じ 6月 25日にはスモレンスク地域でも、広範囲で雹が降ったことが報じられています。

smonlesk-hail.jpg

pln-pskov.ru より。


首都のモスクワでも、かなり大きな雹が降りました。

moscow-hail-2014-06-25.gif

▲ 6月25日の utro.ru より。


また、この日は各地で、6月下旬だというのに、雹と共に「雪」も降ったようで、いかにロシアとはいえ、6月下旬の雪には驚いた人たちが多かったようです。

世界中で「奇妙で異常な天候」が続いています。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。