2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年07月25日


米国ミシシッピ川周辺で黙示録的な光景を作り出しているカゲロウの大発生



mayfly-top-01.gif

▲ ガソリンスタンドに雪のように映し出されているのは、これはすべてカゲロウ。2014年7月24日の Extinction Protocol より。


米国ウィスコンシン州のミシシッピー川の州の周辺で、「カゲロウ」が大発生していて、その光景が「聖書的でさえある」と報道されています。

下の黒いのはすべてカゲロウです。

mayfly-001.jpg


f2.jpg


Mayfly-covered-gas-pump-jpg.jpg


下は地元で撮影された動画。




この地域では、カゲロウの発生自体はこの時期には普通にあることのようなのですが、今年は「異常に多い」ようです。そのようなこともあり、下のように、カゲロウの大群による視界の不良などの原因で、事故も起きている報道もありました。

car-fly-01.gif
WBTW


アメリカ国立測候所のウィスコンシン支局によると、カゲロウの大発生による自動車事故が少なくとも3度起きているようです。

このカゲロウは孵化後 36時間程度の間に産卵し、そして死ぬという、成虫後のとても早い生命サイクルを持っていますので、現地のあらゆる場所にカゲロウの死骸が散乱しているようです。

f3.jpg



今年は、日本でも京都で小バエのようなものが大発生していることが伝えられています。

kyoto-bug-01.gif
京都新聞


虫の大発生というのは、確かに聖書や多くの神話にも出てくる象徴的な出来事ですけれど、現実の世界で多発するのは勘弁してほしいとは思いますね。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。