2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2014年12月04日


オーストリアやハンガリーで、雪ではなく「氷の雨」による被害が発生



austria-ice-storm.gif

▲ 2014年12月1日のオーストリアの英字メディア The Local より。


hungary-rain.gif

▲ 2014年12月2日のハンガリーの英字メディア Daily News Hungary より。


日本も雪の被害がすでに出ていますが、ヨーロッパでも極端な寒波が続いているようで、オーストラリアやハンガリーでは、12月の初旬、「凍った雨が降る」という現象で、交通や家屋などへの被害と停電が報告されています。

冒頭の写真は、オーストリアのヴァルトフィアテル地方が挙げられていますが、翌日などにかけて氷の雨の範囲は次第に広がり、オーストリアのかなりの地域が被害を受けたようです。そして、オーストリアと隣接するハンガリーでも首都ブダペストを含め、ほぼ全土で氷雨が降ったようです。

どうして、雪ではなく、「氷の雨」というような不思議な現象になったのかは詳しくは書かれていませんが、

「極端に低い温度と非常に高い湿度の組み合わせで起きたと考えられる」

と、オーストリアのメディアは記しています。

この氷の嵐は、強風もすさまじいものだったようで、その凄さは、たとえば、下の写真のように「横に向かってツララができている」というところでもわかります。

ice-pole-01.jpg


現地の状況は、それぞれの写真がいろいろとアップされていますので、ご紹介します。


オーストリアの状況

地域の森はほとんどがこのような状態に

ice-rain-01.jpg


氷が付着した標識

ice-board-01.jpg


電線に付着した氷を取り除いている作業員

ice-wire-01.jpg
The Local



ハンガリーの状況

全土で相次ぐ倒木

hungary-ice-01.jpg
Daily News Hungary


この氷雨により4万世帯が停電に

hangary-40000.gif
・Freezing rain hits Hungary, 40,000 homes left powerless


12月に入ったばかりですが、日本でも多くの地域で、すでに激しい雪が降っていますが、世界全体で見ても、北半球の多くの地域で、例年にはない厳しい寒さや大雪が続いています。

北極方面からの寒気の流入がさらに続くような場合、さらに北半球の非常に多くの地域が、厳しい寒さと雪、あるいは今回のような「氷の雨」のようなものに見舞われ続けるのかもしれません。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。