2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年02月18日


ワシントンD.C.のアメリカ政府機関が雪により閉鎖



Government-Shuts-Down.gif

▲ 2015年2月17日のウォール・ストリート・ジャーナルより。


先日の、

北極からの大寒波の下のアメリカ : 全米で1億人以上が氷点下17度以下の気温を経験することに
 2015年02月17日

という記事で書きましたように、現在、アメリカの東部には、とてつもない寒波が襲来しています。

通常に比べての気温の差は以下のようになっていて(華氏)、通常ではない寒さが続いています。

2月17日から 2月23日までの平年との気温差の予測
us-anomaly-2015.gif
Weather Underground


その中で、アメリカの政府機関のあるワシントンD.C. も大雪に見舞われ、昨日、「政府機関の閉鎖」という事態となりました。そして、予測によると、この厳しい寒さと大雪は続きそうで、政府機関の閉鎖が長引く可能性もあり、何らかの混乱も予測されます。

現在の状況について、ウォールストリート・ジャーナルからご紹介します。



Federal Government Shuts Down Again – for a Few Inches of Snow
WSJ 2015.02.17


連邦政府が再び閉鎖 - 十数センチの雪のため


十数センチの積雪でワシントンD.C.の連邦政府がシャットダウンに陥った。

ワシントンD.C.のワイヤー・キャピトル・ヒルでは、少なくとも 10センチの積雪があり、南部では 20センチに達する中、2月17日、連邦政府機関が閉鎖された。

必要以外のすべての連邦政府職員は休日となり、連絡事務等がある職員については、電話か台宅勤務となった。

アメリカ議会は開会からすでに1週間が経過している。バイデン副大統領はスケジュールされているうち、暴力的な過激主義に関しての座談会はおこなったが、他のスケジュールはキャンセルされた。


dc-snow.jpg
▲ ワイヤー・キャピトル・ヒルの積雪。4インチ(10センチ)を越えている。


ワシントンD.C.でのこの雪は、今週だけでは収まらないかもしれない。国立観測所は、2月18日にワシントンD.C.に雪が降る確率は 50%と予測し、また、2月19日には、気温は0度(摂氏-17.7℃)近くまで下がる可能性があるとしている。

ワシントンD.C.の雪による影響は政府機関の閉鎖だけに止まらず、毎年恒例のイベントなども中止に追い込まれている。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。