2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年04月18日


地獄への門:中国に開いた燃え上がるシンクホール



中国新疆ウイグル自治区に開いた燃え上がる穴
fire-hole-top.jpg

▲ 2015年04月10日の RT Mysterious blazing sinkhole shocks Chinese village より。


中国北西部の新疆ウイグル自治区ウルムチの近くに、上の写真のような「地下が燃えているシンクホール」が突然開き、住民たちを不安にさせています。

近くで見ると下のようになっていて、中が燃え上がっていることがわかります。

fire-hole-02.jpg


温度は、最高で 792度に達していて、穴に木などを近づけると、瞬く間に燃えてしまいます。

sink-hole-792.jpg


住民の人々は「地獄への扉」と呼び、安全上の懸念を持つ一方で、観光客誘致にもつながるかもしれないという思惑も広がっているのだとか。中国中央テレビによれば、現場は 1970年代に石炭の採掘場があった場所で、地質的に「燃焼炭層」だそうで、そこが燃えているのだろうということです。

ちなみに、ウルムチというのは、地図では下の場所にあります。

ulmuchi.gif


地図の左側に「トルクメニスタン」という国がありますが、ここには巨大な「燃え上がるクレーター」があり、やはり、「地獄の門」や「地獄への扉」という名で知られています。

hellish-attractive-crater.jpg
RT


トルクメニスタンの「地獄の門」は、1962年5月以来、50年以上にわたり燃え続けているもので、これは地下のガスが燃えているものですが、ここは今では観光名所ともなっています。

今回発見されたウルムチの「地獄の門」は現時点では小さなものですが、今後どのように変化していくのか注目されています。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。