2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年07月02日


アイスランドの地質に何が?:6月30日から突如として始まった「非火山性」の群発地震



昨日、何となくアイスランド気象庁のサイトを見ていましたら、地震のページで、明らかに異変が起きていることが示されていました。

iceland-earthquake-0701.gif
Icelandic Met Office


6月30日の夜8時前後くらいから、突如として群発地震が発生し始めたことがわかります。

アイスランドの群発地震は、火山性のものなら、それほど珍しくないですが、今回の地震には珍しいこともあります。

それは、上の地図で赤で囲んだ群発地震が発生している場所に「火山はない」ということです。下のアイスランドの火山一覧をご覧いだくとおわかりでしょうが、現在、群発地震が起きている場所には、火山はありません。

iceland-volcano-map.gif
アイスランドの火山一覧


アイスランドで、火山が絡まない群発地震、しかも、これだけの数のものは珍しいと思います。

地震の状況は現在(日本時間 7月2日午前11時頃)は下のようになっていて、マグチュード5クラスの地震も発生していることがわかります。

iceland-earthquake-0702.gif


過去48時間の地震発生回数は、561回に及んでいて、そのうち、マグニチュード3以上の地震が 36回と、それなりの規模の群発地震となっています。

グラフを見ていると、一応は収まってきているように見えなくもないですが、ちょっとよくわからない地震ですので、注目してみたいと思います。

いろいろ起きているヨーロッパですし、人的社会が荒れる時は地質も荒れるかもしれないですし。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。