2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年08月08日


海氷に何が起きた? 異常な急上昇を示す NOAA のデータ


[追記] その後、グラフは通常に戻りましたので、データ上の一時的な問題だったようです。(2015.08.10)


たまにご紹介することもある、北極、南極、世界の「海氷面積」のデータなんですが、何だか大変なことになっています。

とりあえず、昨日、何が起きたかご覧下さい。


2015年8月6日までの世界の海氷面積
groabl-2015-b1.gif
sunshine hours



2015年8月6日までの南極の海氷面積
antarctic-2015-b1.gif



2015年8月6日までの北極の海氷面積
arctic-2015-b1.gif


明らかに異常なデータとなっています。

これらは、コロラド大学が公開しているアメリカ海洋大気庁( NOAA )のデータをグラフ化しているものですが、普通に考えれば、データ収集機器かプログラムなどに何らかの問題が起きているということなんでしょうかね。

そうだとすれば、明日以降は訂正されると思います。

もし、訂正されないとすれば・・・こんなことが実際に起きている?

明日以降のデータの動きを見守りたいです。





Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。