2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年11月03日


アメリカ大陸で相次ぐ巨大亀裂 : ワイオミング州で幅50メートル、長さ750メートルの巨大な亀裂が突如発生



ワイオミング州に発生した巨大亀裂

wyoming-crack-top.jpg

▲ 2015年10月31日のニューヨーク・デイリー・ニュースより。



アメリカのワイオミング州で、「巨大な亀裂が突如として発生」したことが報じられていました。

それが冒頭の写真ですが、もう少し近くで見ると下のような感じです。

crack-wyoming.jpg
scontent


大きさは長さが約 700メートルで、幅が約 50メートル。

発見されたのは 10月初旬で、9月中旬まではなかったということですので、9月下旬に瞬間的に出来たものか、あるいは、早いスピードで規模が拡大したのかもしれません。


場所は、ビッグホーン山脈というところで、記事から類推いたしますと、下の場所あたりだと思われます。

wyoming-map.gif
Google Map

Sponsored Link



この1年くらいは、メキシコあたりからアメリカまで、大規模な亀裂が何度か発生していますが、少し振り返っておきたいと思います。


2014年から2015年の南北アメリカ大陸で発生した亀裂

2014年8月 メキシコ

mexico-crack-2014b.jpg
南米から北米への地殻変動ライン上で… : メキシコのオアハカに巨大な亀裂が出現


2014年11月 米国オレゴン州

Alkali-Lake-cracks2.jpg
米国オレゴン州に一夜にして「見渡す限りの長さの巨大な亀裂」が出現


2015年8月 メキシコ

mexico-crack-2015b.jpg


これらを含めて、「南米から北米への亀裂ライン」というものが、何となく結べそうな気がしていて、今度きちんと調べてやってみようかと思います。

何か大きな規模での地殻の変動のようなものが浮かび上がるかもしれません。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。