2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年11月25日


タイのリゾート、プーケット島カロンビーチの海底が数百キロ規模のゴミだらけであることが判明



2015年11月17日のタイでの報道

karon-waste-100.gif
travel.kapook.com


タイ南部にプーケット島というリゾート地があります。

私は、最近はまったくといっていいほど海外へ行っていませんが、かつて、いろいろ出歩いていた時には、タイにはよく行っていて、その中でも、このプーケットは好きな島でした。

プーケットに行くと、何をするでもなく、食べたり飲んだり眠ったりして過ごしていました。

phuket-map.gif


もう 10年は行っていないですが、今回ご紹介するような「予感」は、その頃から十分にありました。

プーケットは、イメージとしては下のような感じがよく示されます、

Phuket-Trip-Beaches.jpg
Daily News

まあ・・・これは「ウソ」ではないのですが、場所にもよるとはいえ、プーケットは、人気観光地だけに、どこもかしこも観光客だらけで、そして、10年前くらいから「観光客の傾向」が変化していました。

当時知りあった、地元で通訳をしているお兄さんが、

「もう日本語だけじゃ食べていけないね。これからは、中国語とロシア語やらないとね」

と私に言っていましたが、(まだ中国人の海外旅行がブームになる前の)10年前でさえ、そんな状況だったですので、今は、中国人の数はものすごいはずです。

そして・・・まあ、別に悪気があって書くわけではないですが、私は、彼らの「途方もない場の汚し方」を、わりと目の当たりにしていまして、

「プーケットも長くないかもなあ」

というような気にもなっていたのでした。

さて、思い出はともかく、そのプーケットの「カロンビーチ」といいうビーチで、「海底の広大な一面がゴミだらけになっていた」ことがわかったことが、タイで報じられていました。

karon-seafloor.jpg
Daily News

Sponsored Link






このカロンビーチだけではなく、プーケットは全体として、「ゴミ問題」は、そろそろ限界というか、臨界を迎えているような感じもあるようです。

あるプーケットのビーチ(正確な場所は不明)
thai-beach.jpg
タイラット


現在、当局の作業スタッフたちが、潜水でゴミを取り除いているということですが、しかし、プーケットで最も人混みに溢れているのは、このカロンビーチではなく、「バトンビーチ」というビーチで、そちらを調査したら、どれだけのゴミで海底が埋まっているのか想像もできないです。

何とか耐えているプーケットですが、いつまで耐えられるのかなとも思います。

このことについて報じていた newsclip の記事をご紹介します。



プーケットの海底はごみだらけ 当局が清掃開始
newsclip 2015/11/23

タイ南部の人気リゾート、プーケット島のカロンビーチの海底に、瓶や缶、ビニール袋など大量のごみが散乱していることが明らかになり、地元当局が清掃作業を開始した。

今月17日、ごみだらけの海底を撮影した動画をタイ人ダイバーがインターネットの交流サイトに投稿し、大きな反響を呼んだ。

当局の調査で、ごみは海岸から約200メートル沖の海中に幅約400メートルにわたり散乱していることが判明。23日の回収作業では約200キロのごみが回収された。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。