2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2015年12月11日


ノルウェーで「200年に1度」の大洪水



洪水で流される家屋 / 2015年12月6日
norway-floods-top.jpg
euronews



ノルウェーで、並外れた悪天候による大洪水が発生したようで、メディアでは、下のように「 200年に 1度の洪水」と表現しています。

norway-200-years-flood-01.gif

▲ 2015年12月07日の現地英字メディア THE LOCAL より。


ヨーロッパの各地では、秋以降、非常に荒れた天候に見舞われる地域が増えていて、先日の記事、

”カオスUK” :英国で「過去のあらゆる雨量の記録を上回る雨」により、かつてない規模の大洪水が発生
 2015/12/08

でのイギリスの嵐も、観測史上で例のないものでした。

ギリシャでは、9月に入って以来、大洪水が起きたり、下のような信じられない悪天候に見舞われたりしています。


ギリシャ・テッサロニキで9月12日に撮影された写真
Thessaloniki-apocalypse-01b.jpg
Apocalipsis I + II


ギリシャ・スコペロス島で9月22日に起きた大洪水
skopelos-1b.jpg
efimerida sporades


ギリシャの光景はどちらも黙示録的でさえありますが、最近は、とにかく「雨」と「洪水」の報道がとにかく多く、そして、これらの「続く悪天候」は、やはり始まったばかりのようにも思えます。

ノルウェーの洪水について、米国ニューズウィークの記事をご紹介します。

記事にもありますが、最近は、スカンジナビア半島全体が、異常気象に見舞われているようです。

Sponsored Link







Houses Washed Away in Norway Floods
Newsweek 2015/12/08


ノルウェーの洪水は家々を流し去った


norway-floods-05.jpg

ノルウェー西部で二日間に渡り続いている洪水が記録的な規模となっている。

シネ( Synne )と名付けられた嵐により、ノルウェー西部で、二日間で 170ミリメートルの雨が降り、いくつかの場所で大変な被害となっている。

ノルウェーの地元メディアによれば、ローガラン州のヴェルクレイム( Bjerkreim )市が最も深刻な被害を受けているという。

市当局は、「洪水の高い水位が停電を引き起こしており、また、携帯電話などの移動通信も使えない状態だ。道路が閉鎖された場合に、連絡をとることが非常に難しい状況になっている」と述べた。

ローガラン州のエイゲルサンド( Eigersund )市では、降雨量の観測史上の最高値を更新し、多くの人たちが、洪水によって、家からの避難を余儀なくされた。

エイゲルサンド市の市長は、「現在までの総雨量は、1897年以来、200年ぶりの雨量となっています」と地元メディアに伝えた。

ローガラン州では、洪水に対しての最高ランクの警報「アラート4」が発せられている。

スカンジナビア半島では、南部全域が最近、異常気象に見舞われている。 AP通信は、 11月28日の週末に、スウェーデンとデンマークで、毎時128キロメートルのすさまじい強風が建物を破壊し、木々を倒したことを報じた。






Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。