2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2016年01月19日


リビアの「赤い朝」:2009年のオーストラリア、2014年の中国に続いて出現した終末的な示唆



2016年1月17日のリビアの港町トゥブルクの光景
red-sandstorm-libya.jpg
Twitter



もう6年前になりますが、2009年にオーストラリアのシドニーなどで「赤い朝」を迎えた日がありました。

2009年09月23日のオーストラリア・シドニー
sydney-dust-2009.jpg


このことは、

オーストラリアに出現した「地球最期の日」
 2009/09/23

という記事に書いたことがありますが、原因は「砂嵐」、あるいは、ダスト・ストーム(塵の嵐)だったということになっていました。

それにしましても、このオーストラリアの「赤の濃さ」は、後にも先にもあまり見たことのないほどのものでした。

砂嵐などの場合、大気が赤系の色に包まれることは普通にあり、たとえば、下は、最近の中では「最も赤かった」2014年4月の中国での砂嵐の時のものですが、オーストラリアほどではないです。

2014年04月24日の中国甘粛省
ch-red-03b.jpg
中国の「赤の日」


この時、中国の北西部は「史上最強の砂嵐」に見舞われていたのですが、それでも、2009年のオーストラリアの時ほど赤くは染まってはいなくて、それだけオースラリアの赤い朝がどれだけすごい現象だったかがわかります。

そして、今年 2016年、ついに、その 2009年のオーストラリアの赤を超えるかもしれない「赤い朝」が出現したのでありました。

場所はリビア。

報告は、トゥブルクという港町からでしたが、砂嵐の影響は一般的に広範囲なものですので、「このトゥブルクを含む広範囲の一帯」が赤くなっていたとも考えられるかもしれません。

リビア・トゥブルクの場所
Tobruk-Libya-map.gif
・Google Map


SNS などにいくつか投稿されていますので、ご紹介します。
赤すぎて、何だかよくわからない光景のものもあります。

Sponsored Link







リビア・トゥブルクの1月17日の光景

Tobruk-01-17a.jpg
Twitter


Tobruk-01-17b.jpg
Twitter


red-lybya-03.jpg
Twitter


このトゥブルクを含む一帯は、最近の、

北緯33度線の「意味」が完結に向かうかもしれないと思わせる2016年 : アメリカに出現した「完全な円を描く虹」が示すかもしれないこと
 In Deep 2016/01/17

という記事に出てきます「北緯 33度線」という観点からも興味深い場所(このあたり一帯は 33度線を含む場所です)で、そういう場所が真っ赤に染まったという「示唆」も感じないでもないのですが、そのあたりはややこしい話となりそうですので、今回は、あくまで記録として記しておたきいと思います。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。