2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2016年01月21日


南米の地殻異変ラインの変動は続く : コロンビアで幅1200メートルの巨大な地割れが突如現れる



コロンビアのアポンテに発生した地割れ
Aponte-crack-top.jpg
RCN RADIO


地割れによって破壊された家屋
crack-colombia-01.jpg
HSB NOTICIAS



コロンビアのアポンテ( Aponte )という場所で 1200メートルというかなりの距離の地割れが突如発生し、そこにある村では 200世帯を越える家屋が影響を受けていることが報じられています。

このアポンテというのは地図で下の場所のようなんですが、これを見て、思い出すことがあります。

aponte-map.gif


ここは、昨年の、

南米の地殻変動ラインで起きる異変:「エクアドルの富士山」が大噴火し、ホンジュラスで地殻崩壊で住宅が次々となぎ倒される
 2015/08/17

などの記事で書きました、この数年、南米の「ライン上」で起きている地殻異変の発生場所の、そのライン上に沿っているような場所であることに気づきます。


この数年で南米から中米で起きていた地殻異変は下のようなものがあります。

south-america-ihen.gif

mexico-2015-8c.gif


このライン・・・何に沿っているかといいますと、あくまで私感でしかないですが、中米にあります「カリブ・プレート」の西側の境界線に沿っているように感じるのですね。

世界のプレート
plate-001.gif
プレートテクトニクス


このプレートの活動と南米の地殻異変が関係あるのかどうかはわからないですが、いずれにしても、南米のこのあたりの異変は一貫して続いているということは言えそうです。

今回のコロンビアの地割れも、地元の人たちへの影響は深刻なようで、多くの人々が家を破壊されたり、非難を余儀なくされているようです。

現地メディアから、写真をいくつかご紹介します。

Sponsored Link







コロンビア・アポンテの北ナリーニョ村 2016年01月15日の様子

報道メディアは、コロンビアの RCN RADIOHSB NOTICIAS など。


地割れは長さ1200メートル、幅50センチ、深さ4メートル
mysterious-crack-colombia-7.jpg


破壊された家屋
crack-destroy-01.jpg


destry-02.jpg


Aponte-crack-3.jpg



地割れは1日20〜50センチずつ成長している
mysterious-crack-colombia-8.jpg

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。