2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2016年02月24日


米国オレゴン州の町に響きわたった「謎の甲高いラッパ音」は、アポカリプティックサウンドという感じではないけれど



2016年2月21日の米国報道より
forest-grove-sounds.gif
KATU2


アメリカのオレゴン州で、「奇妙な音が鳴り響き続け、専門家たちが音の原因の調査を始めた」という出来事が報じられていました。

その音は下の動画のものです。

オレゴン州で鳴り響いた「音」



まあ、どちらかというと、夜鳴きラーメンとか、豆腐売りとかのたぐいのラッパ系で、日本人にはむしろほのぼのとした感じを与えますが(そうか?)、それを知らないアメリカの住人の人たちは、それなりに戸惑ったとのことです。

オレゴン州フォレスト・グローブの場所
forest-grove-map.gif
・Google Map


「奇妙な音」というのは、この数年の中でかなり起きていたことではあります。

In Deep の、

2015年4月になり、世界中で「空から聞こえる奇妙なラッパ音」報告が劇的に増加している理由
 In Deep 2015/05/14

など、何度か記したことがあります。

しかし、いつの頃からか「奇妙な音の YouTube への投稿ブーム」みたいなものが始まったこともあり、虚実が次第に判断しづらくなったことと、それと、調べているうちに「奇妙な音が報告されているのが、キリスト教国家ばかり」であることに気づいたということもありました。

具体的にいうと、

2009年から 2015年までの奇妙な音のすべての報告 275 件中 271件がキリスト教支配国からの報告


ということで、キリスト教支配地域からの報告率が約 99パーセントに上っていたのでした。このことから、当初思っていたようなものとは違うような感じかもしれないと思い始めました。

これに関しては、

人工の黙示録 :「奇妙な音(アポカリプティック・サウンド)」は確かに鳴っている・・・ただし「意図的である可能性」が急浮上中
 2015/05/23

という記事にすべての例を挙げて載せていますので、ご参照下されば幸いです。

そういうように、いろいろと何かありそうな「奇妙な音」事象ではあるのですが、今回のオレゴン州での「音」は、今まで聞いたことのないタイプの音で、そこに興味がありましたので、ご紹介したいと思いました。

アメリカの報道をご紹介します。

Sponsored Link






Audio expert's take on mysterious sound in Forest Grove neighborhood
KATU2 2016/02/21

音の専門家が、オレゴン州フォレスト・グローブ周辺に響き渡った謎の音の解明に取り組む

koin-5-news.jpg
・KOIN 5


先週、フォレスト・グローブに住む多くの人々が、その地域で持続する甲高い音を聞いたが、誰にもその発生源を突き止めることができず困惑していた。しかし、鳴り響いた、その謎の笛のような音色の発生源に関して、音の専門家によるいくつかの新しい手がかりが出ている。

ちなみに、住民たちによれば、先月(2016年1月)から、この音に気づいていた人たちもいるのだという。

そして、住民たちからの訴えで当局は調査を始めたが、音の発生源として、ガスラインを含む生活ライフラインや火災警報器の可能性を否定した。また、近くに排水所や墓地もあるが、それらも音の原因とは考えられないとしている。

この音に関しては、音響専門家のトビン・クーリー氏が記録を取った。彼は、この謎の音のかなりの部分を録音したが、音の専門家であるクーリー氏も、「これまで聞いた音の中で最も不可解なものです」と述べる。

「音を聞いただけなら、バブルか何かを介しての加圧ガスなどの関係(ガス漏れなど)のようにも聞こえますが、音が安定していないので、それと関係はないかもしれません。非常に興味深い音です」

音の中でも高音はそれほど遠くには伝わらないため、音源はそれほど遠いところではない場所から発信されているはずだとクーリー氏は述べる。

地元のガス企業、ノースウェスト・ナチュラル・ガス社のスポークスマンは、地域内にはガスの放出バブルがないため、その音はガスラインと関係するものではないと語った。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。