2016年3月9日に「地球の記録」は、新しいサイト「地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー」に移転しました。今後ともよろしくお願いいたします。






2016年03月03日


ペルーでエルニーニョによる歴史的な大雨による壊滅的な洪水が発生。そして、大雨は3月いっぱい続くと見られる



2016年3月1日のペルーの報道より
peru-floods-2016.gif
Peru Reports


ペルーは、前回の記事、

アマゾンの黒い河 : ペルーの国有石油会社のパイプラインで大規模な原油流出が発生し、非常事態が宣言される
 2016/03/02

でご紹介したように、石油パイプラインからの原油流出で、アマゾンの川の一部が壊滅的な被害が進んでいるところですが、その地域も含むペルーで、大規模な洪水が発生し続けていることが報道されていました。


peru-floods-001.jpg
euronews


peru-floods-002.jpg
strangesounds.org


報道では、原因はエルニーニョのによるものということになっていますが、原因はともかく、これは単発的なものではなさそうで、今後しばらく同じような大雨と洪水の被害が継続する模様で、その降水量は歴史的なものとなるとも予測されています。

この「洪水」。

今年に限ったことではなく、ここ数年は非常に多くなっていますが、今年も北半球で洪水のシーズンが近づいていて、世界的に相当な規模で洪水が発生する可能性があるように思います。

また、これも南米だけの懸念ではないですが、

「大雨や洪水が頻発すると、蚊が発生しやすい条件が整いやすくなる」

ということは言えそうで、南米で拡大が続くジカウイルスの今後というものとも、関係してくるかもしれません。

そして、アジアなどでも今後、雨の多い季節に入った時の気温などの条件次第では、アジアでもジカウイルスが拡大する可能性は否定できません。

ペルーの洪水について、ペルー・リポートの記事をご紹介いたします。

Sponsored Link







Five killed as El Niño rains batter regions throughout Peru
Peru Reports 2016/03/01


ペルー全土の各地でエルニーニョによる大雨で5名が死亡


エルニーニョ現象に起因する豪雨がペルー全域でインフラを破壊し、また、首都リマから全国にサービスを提供する主要な高速道路を麻痺させた。

現在のエルニーニョ現象そのものは、特別珍しい出来事ではないが、そのために、ペルーの北部、南部、そしてジャングル地域が大雨に見舞われている。

大雨によりあふれた河川の水は、家屋を破壊し、数十万人が影響を受けた。また、ペルーの全国で、洪水による道路の閉鎖が相次いでいる。

この洪水によって、アプリマクで地滑りで3名が死亡。
クスコの農村部でも2名が地滑りで死亡した。

ペルーの気象学者は、「大雨の状況は3月を通して続く見込みです。降雨量は歴史的な水準に達する可能性があり、1997年から 1998年夏にかけてのエルニーニョの時の大雨より降水量が多くなるかもしれません」と述べている。

北部の都市トゥンベスでは、2日間で1か月間で降る量の4倍の雨が降り、8000エーカー(約3200万平方メートル)以上の面積で作物が失われてしまった。

これまで干ばつで作物の被害が出ていたアレキパでは、今度は予想外の豪雨で、1400万ドル(約17億円)分の作物を消失した。

首都からペルー全国に食料を配送しているペルー中央高速は地滑りで閉鎖された。

再開の見込みは立っていないが、他のルートで配送が可能であり、今のところ食料供給に影響は出ていない。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年12月27日


英国で「聖書での大洪水のような」と報じられるほどの歴史的な洪水



12月26日の英国ガーディアンの報道より
uk-biblical-flood.gif
Floods of biblical proportions leave cities, towns and villages under water


英国北部で、当地としては異常ともいえる豪雨による大洪水が発生していて、おそらくは、12月27日の現在も続いていると思われます。上の写真は、イングランドのウエストヨークシャーにあるマイサムロイド( Mytholmroyd )という村の 12月26日の様子です。

イングランド南西部サマセットでは 100年以上前からその地にある歴史あるパブが洪水で破壊されてしまった様子などが報じられています。

洪水で完全に破壊された歴史的なパブ
pub-collapse.jpg
Drone footage reveals extent of damage to historic pub almost washed away by raging torrent


その他も、イングランド北部や西部を中心に英国の広範囲で大変な状況となっているようです。

イングランド・ウエストヨークシャー 12月26日
West-Yorkshire-001.jpg
Severe flood warnings for the UK


マンチェスター・リトルボロー 12月26日
lb-floods.jpg
Flooding advice, helplines and how to report a flood

Sponsored Link






12月26日現在、英国北西部の 400カ所に洪水警報と洪水注意報が発令されていて、そのうち、31カ所以上では、日本でいう「特別警報」が発令されています。当局は「身の安全を図るために迅速な行動を」と、該当地区の住民たちに呼びかけ続けていると報じられています。

下が英国で警報と注意報が発令されている場所ですが、ほぼ全域が警報マークで覆われているような感じです。

12月26日の英国気象庁による洪水警報と注意報
flood-warning-issue.gif
Mirror


英国は、今年の後半は、繰り返し洪水に見舞われていて、つい先日も、

”カオスUK” :英国で「過去のあらゆる雨量の記録を上回る雨」により、かつてない規模の大洪水が発生
 2015/12/08

という記事でご紹介したような記録的な洪水に見舞われたばかりで、それから3週間ほどで、またも、その記録をも上回るかもしれない大雨と洪水での被害が拡大しています。

地域にもよるでしょうけれど、今年の英国のいくつかの地域では、クリスマスどころではなかったかもしれません。

上の記事では、

エルニーニョ現象などの状況を考えますと、これからの冬は、世界のさまざまな場所で、似たような「記録的」なことが起きる可能性は高いです。

というようなことを書きましたが、このことは今後も当てはまるはずです。

多くの国や地域で、おそらくは、「かつてない」というような形容がつく異常気象に見舞われる可能性がかなり高くなっていると思われます。それはアジアも例外ではないはずです。

大洪水は、現在、南米でも進行していまして、それについても、また今後の記事で取り上げてみたいと思います。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年12月11日


ノルウェーで「200年に1度」の大洪水



洪水で流される家屋 / 2015年12月6日
norway-floods-top.jpg
euronews



ノルウェーで、並外れた悪天候による大洪水が発生したようで、メディアでは、下のように「 200年に 1度の洪水」と表現しています。

norway-200-years-flood-01.gif

▲ 2015年12月07日の現地英字メディア THE LOCAL より。


ヨーロッパの各地では、秋以降、非常に荒れた天候に見舞われる地域が増えていて、先日の記事、

”カオスUK” :英国で「過去のあらゆる雨量の記録を上回る雨」により、かつてない規模の大洪水が発生
 2015/12/08

でのイギリスの嵐も、観測史上で例のないものでした。

ギリシャでは、9月に入って以来、大洪水が起きたり、下のような信じられない悪天候に見舞われたりしています。


ギリシャ・テッサロニキで9月12日に撮影された写真
Thessaloniki-apocalypse-01b.jpg
Apocalipsis I + II


ギリシャ・スコペロス島で9月22日に起きた大洪水
skopelos-1b.jpg
efimerida sporades


ギリシャの光景はどちらも黙示録的でさえありますが、最近は、とにかく「雨」と「洪水」の報道がとにかく多く、そして、これらの「続く悪天候」は、やはり始まったばかりのようにも思えます。

ノルウェーの洪水について、米国ニューズウィークの記事をご紹介します。

記事にもありますが、最近は、スカンジナビア半島全体が、異常気象に見舞われているようです。

Sponsored Link







Houses Washed Away in Norway Floods
Newsweek 2015/12/08


ノルウェーの洪水は家々を流し去った


norway-floods-05.jpg

ノルウェー西部で二日間に渡り続いている洪水が記録的な規模となっている。

シネ( Synne )と名付けられた嵐により、ノルウェー西部で、二日間で 170ミリメートルの雨が降り、いくつかの場所で大変な被害となっている。

ノルウェーの地元メディアによれば、ローガラン州のヴェルクレイム( Bjerkreim )市が最も深刻な被害を受けているという。

市当局は、「洪水の高い水位が停電を引き起こしており、また、携帯電話などの移動通信も使えない状態だ。道路が閉鎖された場合に、連絡をとることが非常に難しい状況になっている」と述べた。

ローガラン州のエイゲルサンド( Eigersund )市では、降雨量の観測史上の最高値を更新し、多くの人たちが、洪水によって、家からの避難を余儀なくされた。

エイゲルサンド市の市長は、「現在までの総雨量は、1897年以来、200年ぶりの雨量となっています」と地元メディアに伝えた。

ローガラン州では、洪水に対しての最高ランクの警報「アラート4」が発せられている。

スカンジナビア半島では、南部全域が最近、異常気象に見舞われている。 AP通信は、 11月28日の週末に、スウェーデンとデンマークで、毎時128キロメートルのすさまじい強風が建物を破壊し、木々を倒したことを報じた。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年12月08日


”カオスUK” :英国で「過去のあらゆる雨量の記録を上回る雨」により、かつてない規模の大洪水が発生



12月05日の英国カンブリアの光景
storm-desmond-top.gif
THE WATCHERS


英国において、非常に勢力の強い低気圧が、観測史上で記録されたことのないほどの激しい天候をもたらしています。

この嵐は「デズモンド」と名付けられていて、英国とイングランドのいくつかの地域では、12月4日からの 24時間雨量が 340ミリを超え、これまでのすべての英国の観測上での記録を上回る驚異的な雨量となっています。

そして、この雨により、英国の各地は、文字通りの「カオス」と化しました。


水没した住宅の数々

Flooding-caused-by-Storm-Desmond-01.jpg
MIRROR


uk-storm-desmond-man-wading.jpg
QUARTZ



実況するアナウンサーの様子

Teresa_Mannion_Storm_Desmond_report.jpg
Marshable



イングランドのカーライル市 12月5日

uk-storm-desmond-flooding-carlisle.jpg
QUARTZ


中東からヨーロッパにかけては、「雨(雪)の異常な降り方」が、次第に激しくなっていて、エルニーニョ現象などの状況を考えますと、これからの冬は、世界のさまざまな場所で、似たような「記録的」なことが起きる可能性は高いです。

日本を含めたアジアもどうなりますかね。

今回の英国の嵐と洪水について、冒頭の記事からご紹介します。

Sponsored Link








UK and Ireland under water as Storm "Desmond" sets new all-time UK rainfall record
THE WATCHERS 2015/12/07


ストーム「デズモンド」が英国のこれまでのすべての記録を破る雨量となり、英国とアイルランドは洪水の中に


12月4日から 5日にかけて、嵐「デズモンド」が、極端な雨と強風を英国とアイルランドの一部にもたらし、それらの地域は大きな被害を受けた。この雨は、これまでの英国のすべての記録を上回る雨量を記録し、洪水と強風により、被災地に荒廃と大混乱を引き起こした。

この嵐「デズモンド」は、英国気象庁が、今年4番目の嵐として命名した。

英国環境庁によれば、カンブリア郡ホニスター( Honister )では、24時間の降雨量が 341.4ミリメートルに達し、英国の過去の観測上でのあらゆる記録を上回った。また、カーライル市のエデン川の水位は 7.9メートルまで上昇した。

この雨と洪水により、何千人もの人々が避難を余儀なくされた。

カンブリア郡警察の 12月7日の発表によれば、これまで2名の死亡が報告されている。

イギリス陸軍は、すでに救助隊を支援するために 350人を投入。また、被災者のために、8カ所の避難所を提供した。

デビッド・キャメロン英国首相によれば、イギリス危機対応会議は、洪水に対応した府の活動を調整している。

キャメロン首相は、以下のように述べた。

「イギリス全体の心は、被災地のカンブリアの人々と共にあります。政府は被災者たちを助けるためにできることはすべてやっています」

当局は人々に、できるだけ洪水から離れ、屋内にいることが可能なら、外出を避けてとどまるように警告している。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年12月03日


インド南部で「100年に1度の豪雨」。チェンナイ市に災害地域宣言が発令される



india-worst-in-100-years.gif

▲ 2015年12月02日のロシア・トゥディより。


インドの南部などを中心とした広範囲で、11月下旬から、とんでもない雨が降り続いていて、インド南部の大都市であるチェンナイ市では、空港の閉鎖などを含む非常事態となっています。

報道では、この雨は「過去 100年のすべての記録を上回る雨」とのこと。

チェンナイ市内の様子 12/02
chennai-rain-01.jpg
instajaipur


chennai-rain-02.jpg
S-Jay



洪水のため閉鎖が決まったチェンナイ国際空港
chennai-airport.jpg
NDTV


チェンナイの場所
chennai-map.gif
・Googla Map


この地域では 11月から断続的に豪雨が続いていて、現在までに 180人以上が亡くなっています。

インドのモディ首相は、これらの豪雨は気候変動の影響だと述べたとのことですが、エルニーニョも含めて、現在の気候を作り出す状況はとても複雑で、予測が難しいと共に、そして、エルニーニョの進行予測などを考えましても、おそらくは、この世界中に出現している極端な天候状況は「始まったばかり」だと思われます。

今回のインドの大雨について、ロシア RT の報道をご紹介します。

Sponsored Link







Worst in 100 years: Non-stop torrential rains ravage southern India
RT 2015/12/02


100年で最悪:降り止まぬ集中豪雨がインド南部を荒らす


この数日、インド南部で降り続いている激しいはにより、100万人が影響を受け、何千人もの人たちが避難を強いられており、孤立した人たちの救出活動は難航している。

学校や工場、あるいは空も閉鎖されている。

地元メディアによれば、今回の雨は、過去 100年で記録された、どの雨の記録も更新しているという。

タミルナードゥ州の州都チェンナイは、洪水により、主要な交通ルートが絶たれ、外の世界から切り離された状態となっている。

インド気象庁は、チェンナイの雨は、少なくとも、あと4日間は降り続くと予測している。

この雨で、多くの人たちが家から避難することを余儀なくされており、電車や車の運行は止まり、南インドで最も忙しいチェンナイ国際空港も閉鎖されている。

地元当局によれば、今回の雨で、100万人以上が影響を受けているという。

警察も、孤立している人々を助けたいと思っているが、主要道路が使えず、また、多くの住民たちもボートなどがない状態だ。住民同士が助け合いながら、避難している様子が SNS などに投稿されている。

11月末以来、インド南部の豪雨では、少なくとも 188人が死亡していると、タミルナードゥ州の州知事は述べている。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年11月26日


ソマリア全土で続く洪水による流行病の発生と、食糧価格の急騰に対しての援助の必要性について国連が緊急リリースを発表



国連人道問題調整事務所から11月20日に出された緊急リリース
OCHA-press-2015.gif
OCHA Humanitarian Bulletin 2015/11/20


ソマリアというのは、東アフリカに位置する下の場所にある国です。

somalia-map.jpg
治安が世界最悪の国、ソマリアの内戦


もう 20年以上の内戦と、無政府状態か、あるいはそれに近い状態が続いている、世界でもっとも安定していない国のひとつで、自然災害等がなくとも、人道援助で生きている人たちが多い国です。

そのソマリアで、10月19日以来、全土に渡って継続的に洪水に見舞われています。

そのため、ただでさえ、供給が不足がちな食糧がいよいよ不足してきているようで、冒頭のような、国連の人道問題調整事務所( OCHA )による「援助を求める緊急リリース」が出されました。

2015年11月10日のツイッターよりソマリアの光景
somalia-floods-2015a.jpg
Live From Somalia


しかも、国連のリリースによれば、ソマリアに対しての人道援助の資金提供額は、年々減っているようなんです。

somalia-funding-2015.gif
・OCHA


ソマリアには、ソマリア海賊問題という国際的になっている問題があり、最近は落ち着いていたように見えていましたが、11月23日には、「ソマリア沖で漁船襲撃相次ぐ、海賊問題再燃か」( CNN )などという報道もあり、こういう状況は、援助にも影響してしまうのですかね。

しかも、食糧危機が激しくなればなるほど、おそらく、ソマリアの海賊は増える気がします。

アフリカの食糧危機に関しては、10月にも、マラウイで「過去最悪の飢餓に直面している」というこで、緊急リリースを出したことを下の記事に書いたことがあります。

国連発表 : アフリカ南東部マラウイで280万人が過去最悪の飢餓に瀕している
 2015/10/03

これらがエルニーニョか関係していることなのか、そういうこととは関係のない「地球の変化」ということなのか、今はわからないですけれど、原因は何であろうと、緊迫した地域が増えています。

ソマリアについて、THE WATCHERS の記事よりご紹介します。

Sponsored Link








Disease outbreaks and towering food prices threaten flood-stricken Somalia

病気のアウトブレイクと、食品価格の驚くべき高騰が、洪水に襲われたソマリアを脅かしている
THE WATCHERS 2015/11/25

11月20日の国連( UN )の報告によれば、2015年10月19日以来、ソマリア全土を襲っている大洪水は、水を原因とする疾患の流行、現地の食料品価格の急上昇、そして、人道支援の物資の支援の中断をもたらしている。

チャパラ( Chapalla )や、メー( Megh )などのサイクロンを含む続く極端な気候条状況は、ソマリアに苛酷な状況をもたらした。これらは、ソマリア各地に豪雨をもたらし、それは深刻な洪水を引き起こした。

10月19日から 11月20日までの間に、13万 2000人以上が、ソマリア各地で洪水の影響を受けた。

地元当局によれば、バクール、ベイ、ヒラーンなどの各都市では、60,000人以上が避難しているという。

国連人道問題調整事務所によれば、南部と中部ソマリアでは、今後も洪水の影響受けるリスクがあるという。人道問題調整事務所は、エルニーニョの影響で、今後、60万人以上の人々が援助を必要になるとしている。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年11月19日


メッカへの大巡礼の経由地、サウジアラビアの大都市ジッダで死者十数名に達する壊滅的な洪水が発生



11月18日のサウジアラビア・ジッダの光景

jeddah-floods-top.jpg
GHIA COM TV


jeddah-flood-002.jpg
Khaleej Times


2週間ほど前に、中東のイエメンで、観測記録にはない「サイクロンのイエメンへの上陸」という事態により、砂漠の国としては考えられない豪雨による大洪水が発生したことがありました。

これは、

まさに異常:観測史上初めてサイクロンが上陸した砂漠のイエメンで2日間に「5年分の雨」が降る
 2015/11/05

という記事に記しましたが、地図上では、そのイエメンのすぐ上にある大国サウジアラビアのジッダ(ジェッダ)という大都市で、同国としては、やはり記録的な雨による洪水が発生して、おそらく現在も継続しています。

ジッダの位置
jeddah-map.gif
・Googl Map


このジッダという町は、イスラム教の大巡礼の地であるメッカへの経由地となっている都市だそうですが、11月18日まで3日間、その地は豪雨に見舞われ、未曾有の大洪水となってしまったようです。


SNS などに投稿されたジッダの様子

jeddah-floods-03.jpg
Twitter Flooding in #SaudiArabia


jeddah-fllods-twitter.jpg


被害の全容や被害者の数などは、まだはっきりとしていないようですが、11月18日までに、少なくとも 12名の方が亡くなったと思われます。

ドバイの英字メディアであるカリージュ・タイムズの報道をご紹介します。

Sponsored Link








12 die in Saudi Arabia due to thunderstorms, flooding
Khaleej Times 2015/11/18


雷雨と洪水が原因で、サウジアラビアで12名が死亡


今週3日連続でサウジアラビアを襲っている雷雨と洪水のため、北西部を中心に大きな被害が出ており、被害は拡大している。

サウジアラビアの民間防衛局は、紅海沿岸の雷雨と洪水によって、11月17日からの2日間で、少なくとも 12人の命が奪われたと発表した。犠牲者の半数は子どもだったという。

ジッダ沿岸部にあるヤンブー地方とハーイル地方で、洪水により6人の子どもたちが亡くなったことが報告されている。

さらに、ツイッター上の報告により、より多くの死者を当局は確認したと述べた。

現在、サウジアラビア北西部でのいくつかのエリアでは、学校や大学が休校となっている。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年10月05日


米国サウスカロライナ州で「1000年に1度」と知事が述べる壊滅的な大洪水で非常事態宣言が発令



once-1000-tio.gif

▲ 2015年10月05日の BBC より。



世界中で大きな洪水が続いています。

10月3日には、フランスの観光地カンヌなどで、豪雨のために 17名が死亡し、4人が行方不明となっていますが、アメリカではサウスカロライナ州で、「 1000年来、記録にない集中豪雨」による洪水が起きたと報道されています。


写真などを見ますと、町そのものが水没しているかのような写真が SNS などに投稿されています。


california-water01.jpg
Twitter



california-water-02.jpg
Weather.com



サウスカロライナ州の場所
sc-map.gif
Google Map



流されるトラック

california-floods-01.jpg
Weather.com


また、最も豪雨と洪水の規模が激しい地域のひとつであるスプリングフィールドという町では、洪水で、墓地から「棺桶が流れ出す」という事態も起きているようです。


流れ出す棺桶

coffins-flote.jpg
News 6 Channel


大きな洪水も、最近では、多くの国で日常的な出来事となってしまった感がありますが、「 1000年に 1度」というような報道は、それほど目にするものではないです。

英国 BBC の報道をご紹介します。

Sponsored Link








South Carolina flooding 'once in 1,000 year event'
BBC 2015.10.05


サウスカロライナ州の「 1000年に 1度」の洪水


サウスカロライナ州の知事は、州の一部での豪雨は、過去 1,000年間のどれよりも高い降雨量を示し、現在までに、少なくとも 6人が死亡したと述べた。

チャールストンでは、この 3日間の間に 350ミリメートルという歴史的な量の雨を記録し、チャールストンの学校は 10月5日は休校となり、いくつかの高速道路は閉鎖されている。

集中豪雨は、カリブ海で発生したハリケーン「ホアキン( Joaquin )」の影響での気象システムによって悪化してきている。ハリケーンそのものがアメリカ東部を直撃するとは予測されていないが、その影響での豪雨が長引いている。

サウスカロライナ州知事ニッキー・ヘイリー氏は、「私たちは 1,000年に 1度の雨を経験しています」と述べた。

知事は、住民たちに外出を控えるように勧めている。

バラク・オバマ大統領は、サウスカロライナ州に非常事態を宣言した。これは、州および地方当局が、今回の洪水に対処するための連邦政府の援助を受けることを意味する。

歴史を持つ街チャールストンの市内中心部では、多くの道路が閉鎖されており、洪水を防ぐための土嚢が各所に積み上げられた。


Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年09月22日


中国南西部で「100年に1度の被害」と報道される大洪水。死者行方不明22人、倒壊家屋800軒、流出車両600台



yungnan-100-floods.gif

▲ 2015年09月21日の legaldaily.com.cn より。



中国の雲南省で、9月15日頃から降り始めた豪雨によって未曾有の大洪水が発生していました。


洪水で流された車両

Yunnan-floods-01.jpg



Yunnan-floods-02.jpg
People's Daily,China



Yunnan-floods-03.jpg
新華社



この洪水で、7人が死亡し、15人が行方不明となっていると共に、800軒以上の家が倒壊し、600台以上の車が流されたとのこと。

その中でも、冒頭の写真の雲南省「華坪県」(かへいけん)というところでは、甚大な被害となり、犠牲者の多くが華坪県でのもののようです。


kaheiken-map.gif
Google Map


洪水発生時の華坪県の様子

yunnan-floods-04.JPG



yunnan-floods-05.jpg
sina



冒頭の報道は昨日のもので、洪水は収束したようですが、後片付けが大変なことになっているようです。

このあたりは、茨城の大洪水被害の現状などを見ましても、とてつもない洪水被害では、復旧までに大変な時間がかかることが示されています。


なお、イランでも壊滅的な洪水が発生していて、11名が亡くなったことが、イランのメディア、プレスTV により伝えられています。


9月18日のイランの洪水

iran-floods-2015.jpg
THE WATCHERS


どうも世界的に「大洪水の時期」というものを迎えているような気配はあります。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。




2015年09月10日


インド、ナイジェリア、イタリア、そして日本… 世界各地で発生する「黙示録的」な洪水



ナイジェリア南部を襲った洪水

nigeria-flood-top.gif

▲ 2015年09月07日のナイジェリアの英字メディア Daily Post Nigeria より。


今(9月10日)の日本の関東などの洪水もすさまじいもので、たまに報道を見ますと、信じられないような見出しに出くわします。下は、鬼怒川沿いの旅館が6階まで水没したことを報じるものです。

t18-flood-01.jpg
・テレビ朝日「鬼怒川の旅館、6階まで浸水 栃木・茨城に特別警報」より。


今は時期的に、確かに洪水などが発生しやすい時であるとはいえ、この雨と洪水は、最近の日本では見ないもので、気象庁が「異常事態」と表現していることもうなづけます。

そして、同じ時期の世界各地でも「黙示録的」ともいえる壊滅的な洪水が発生しています。


ナイジェリア

nigeria-001.jpg
Daily Post Nigeria

ナイジェリア南部から西部では、「7時間降り止まない豪雨」のため、9月7日までに、400軒の家屋が流され、30人が死亡しました。また、数多くの家屋、家畜、農作物が大きな被害を受けたと報じられています。



インド・アッサム州など

india-f1.jpg


india-f2.jpg
QUARTZ India


インドではこの数週間、各地で豪雨が続いていて、豪雨のため、9月8日まで150万人が被災し、少なくとも、50人が亡くなったと報じられています。



イタリア・シチリア

また、イタリアのシチリアでも、短時間での豪雨によるものと思われますが、一気に冠水した道路に車が流されていく様子が撮影されています。

sicily.jpg


sicily-f1.jpg
MIRROR


どこの洪水も、想像を越えた雨量によるものですが、雨量の観測史上最高値の更新は、この2〜3年、さまざまな国で見られているもので、気候に関しては、新たな段階に入ったといえるのかもしれません。

Sponsored link





人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。